トリニダードトバゴ国旗 トリニダード・トバゴの料理

トリニダード・トバゴ (トリニダッド・トバゴ)共和国 Trindad Tobago | カリブ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ダブルス
ダブルス

インド料理もポピュラーなカリブの島国

トリニダード島とトバゴ島という2つの島が一緒になった、カリブ海の国トリニダード・トバゴは、ブラジルのリオと並んでカーニバルが有名な国。もとイギリスの植民地であるため、同じく英国領だった南米のガイアナなどと同様、労働力として連れて来られたインド人の人口が今も多く、食文化にもインド料理の影響が強くうかがえます。
北中米・カリブ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
トリニダード・トバゴ
トリニダード・トバゴ

トリニダード・トバゴ地図たとえば、現地で軽食としてよく売られているスナックのロティは、まさにインドのロティをほうふつとさせるもの。汁気のない、あまり辛くないカレーを、小麦粉の生地(ロティ)に包んで食べるのが、トリニダード・トバゴ式です。

ほかに、ロティに似たダブルスと呼ばれるスナックも。ベースのカレーに、豆などの入った甘いスパイスのたれを好みで加え、小さな2枚の小麦粉の生地にはさんで食べます。

トリニダード・トバゴでは、山羊やオックステール(ヒンズー教徒は食べないだろうな...)、レバーなどの肉がポピュラーなのも特徴的。スーパーでは、バケツに漬けたこれらの肉が売られていて(ちょっとびっくりします)、料理は似ていても、本国インドとは食文化が違うのがよくわかります。

ほかに、魚なエビ、貝などもトリニダードでよく食べられる食材です。カラルー(calalou)という、カリブ海諸国全般で食べられている、おそらくアフリカから渡ってきた里芋の葉のような食材(缶詰もあります)もポピュラー。

ドリンク類は、ショウガ分たっぷりのジンジャービールや、モービーという黒くて甘い飲料(麦芽が原料?)などがポピュラー。ジャマイカと一緒で、西アフリカの影響がうかがえます。地元産"Solo"ブランドの清涼飲料水(コーラやファンタの模造?)のほか、ピーナッツやカシューナッツなどナッツ類のパンチ、なんていう飲み物もあるようです。




トリニダード・トバゴ
面積 5,128km2
人口 約130万人
首都 ポート・オブ・スペイン Port of Spain
住民 アフリカ系(39.5%)、インド系(40.3%)、混血(18.4%)、その他中国系等(1.8%)
言語 英語
宗教 カトリック、英国国教会、ヒンズー教、イスラム教
建国 1962年8月31日 (イギリスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加