セーシェル国旗 セーシェルの料理

セーシェル(セイシェル) Seychelles | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


アフリカとヨーロッパ、インドなどがミックスした文化

アフリカ大陸の東、インド洋に浮かぶ100以上の島からなるセーシェル。国土内には、世界最大のヤシの実をつけるという、非常に背の高いココ・デ・メール(フタゴヤシ)の原生林や、珍しい動植物が生息するヴァレ・ド・メ自然保護区のあるプララン島、世界第二の規模を誇るアルダブラ環礁という2つの世界遺産を擁し、フランス、イギリスに統治された歴史があります。カリブなどにある同じような英仏領だった島々と同様に、アフリカやインド、ヨーロッパ、中国、アラブなどから移住した(もしくは労働力として強制的に移住させられた)住民は、フランス語をベースにしたクレオール語や英語を話します。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
セーシェル
セーシェル

セーシェルさまざまな文化が混ざったクレオールの国だけに、食もまさにミックス文化の様相。現地産の小さなとうがらしや、コリアンダー、コショウ、レモングラスといったハーブやスパイス、酸味のあるタマリンドチャツネ、そしてココナッツミルクなどを調味料に、パンの木の実(いもに似た味がする)、シーフード、チキン、豚肉、山羊肉、牛肉といった食材を使用して、バラエティな料理を創造してきました。

島国のため特に魚介料理が豊富で、たとえば、さわやかな辛さのセーシェル・フィッシュカレーや、新鮮なココナッツミルクを使ったタコのカレー、燻したカジキマグロをサラダに乗せたトロピカル版のスモークサーモンサラダ、甘いカレーソースで煮たり、にんにくバターでグリルされるロブスター、フルーツバット(こうもりの一種)のカレー煮込みといった料理…。カレー類はごはんと一緒に食べます。

果物も豊富で、島々では、パパイヤやバナナ、マンゴー、アボカド、グレープフルーツ、グァバ、ライチ、パイナップル、メロン、ライム、リンゴといったフルーツが収穫されています。

また、セーシェルでは、セーブリュー(Seybrew)という軽めのラガービールが製造されており、なかなかの味わいとのことです。




セーシェル
面積 443km2
人口 約8.36万人
首都 ビクトリア Victoria
住民 クレオール(ヨーロッパ人とアフリカ人の混血)が多数
言語 英語、仏語、クレオール語
宗教 キリスト教(90%)
建国 1976年6月29日 (イギリスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加