セネガル国旗 セネガルの料理

セネガル共和国 Republic of Senegal | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ヤサ
ヤサ

西アフリカ随一の洗練された料理

アフリカ大陸の最西端に位置し、ダカールラリーで有名な、大西洋に面した旧フランス領の国セネガル。1200年ころから1900年の間、フランスの支配下に落ちるまでジョロフ王国が築かれた土地であり、今も定住農耕民族のウォロフ人が人口のおよそ半数を占めます。現在は国民のほとんどがイスラム教徒です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
セネガル
セネガル

セネガル地図長い間、王国の築かれた土地には洗練されたおいしい料理が多いというのが世界的な傾向ですが、セネガルもしかり。美食の国フランスに統治された影響も加わって、料理に関しては、西アフリカ随一といっても過言ではないでしょう。ジョロフ王国時代のよすがを残すピラフのようなジョロフライスは、まさにジョロフ人(ウォロフ王国の)ごはん、という意味で、モーリタニアやギニア、ガーナなど周辺国でもポピュラーな料理です。

海や川に面している地域では魚料理がよく食べられています。たとえば、魚のマリネのヤサ(ヤッサ。鶏肉を使うことも)や、魚と野菜の風味豊かな炊き込みごはんチェブジェンなど。ピーナツソースシチューのマフェもポピュラーです。

また、中国茶にミントの葉と砂糖をたっぷり入れたお茶アタヤは、セネガルでポピュラーな飲み物。現地の人はティーセレモニーでゆっくり楽しみます。また、セネガルだけでなく、西アフリカ一帯に広まるビサップと呼ばれるハイビスカス・ジュースや、ブイというバオバブの実のジュースも、よく飲まれるドリンクです。

ビサップは、エジプトでは"カルカデ"などと呼ばれていますが、セネガルの方がエジプトよりも遥かに大衆的。セネガルに旅行した友人によると、市場や乗り合いタクシー・ステーションで、乾燥させたハイビスカスの花を煮出して、砂糖を加えて凍らせたものがビニール袋に詰められ無数に売られているそうです。

氷は暑さですぐに溶けるので、冷たい状態で飲めるアイデアもの。色は真紅で、味はやや酸味があります。乾燥ハイビスカスを使って、日本でも再現できますよ。




セネガル

面積19万6,722k㎡
人口約900万人
首都ダカール Dakar
住民ウォロフ族36%、フラニ族17%、セレル族16%など
言語フランス語、ウォロフ語、セレル語など
宗教イスラム教92%、伝統宗教6%、キリスト教
建国1960年4月4日 (フランスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加