リヒテンシュタイン国旗 リヒテンシュタインの料理

リヒテンシュタイン公国 Liechtenstein | ヨーロッパ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


スイスやドイツ、オーストリア、フランスと共通した料理

スイスとオーストリアに囲まれた、中央ヨーロッパのアルプス山脈にあるリヒテンシュタイン。ローマ・カトリック教を信仰する、ドイツ語を話すドイツ~オーストリア系の住民が多い、日本の小豆島ほどの小国です。
ヨーロッパ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
リヒテンシュタイン
リヒテンシュタイン

リヒテンシュタイン地図リヒテンシュタインの料理には、スイスやドイツ、フランス料理と共通したものが多いようです。チーズや豚肉、パンが好まれ、ベーコンやハムなど豚肉の加工品もよく食べられています。

チーズや野菜のフォンデュや、オムレツ、薄いポークカツのシュニッツェル、ザワークラウトなどのほか、リヒテンシュタインならではの食べ物として、メインディッシュの付け合せである、コーンミールもしくはコーンミールにセモリナ粉を半分混ぜて作るレビ(Rebi)や、燻したベーコンやハムが入ったコーンミールのお団子のスープ、ハファラーブ(Hafalaab)、ドイツのシュペッツレのように小麦粉のお団子をゆでたカスクノーフルなどがあります。

また、Saukerkasというリヒテンシュタイン独自のチーズが生産されています。




リヒテンシュタイン
面積 160km2
人口 約32,015人
首都 ファドーツ Vaduz
住民 ゲルマン系のアレマン人86%、その他イタリア人、トルコ人など14%
言語 ドイツ語
宗教 カトリック80%、プロテスタント7%
建国 1866年




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加