ジャマイカ国旗 ジャマイカの料理

ジャマイカ Jamaica | カリブ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ジャークポークと黒豆ご飯
ジャークポークと黒豆ご飯

もとイギリス領のレゲエの島の料理


ボブ・マーレィを生んだ“レゲエの島”として、世界に名だたるカリブ海の国ジャマイカ。もとイギリス領で現在は英連邦に属するこの国には、アフリカ系が国民の大多数を占め、インドや中国、ヨーロッパ系の人々も少数、暮らしています。
北中米・カリブ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ジャマイカ
ジャマイカ

ジャマイカ地図ジャマイカ料理といえば、よく知られているのがジャークミート(ジャークチキン、ジャークポーク)。ジャマイカの野外では、コショウやナツメグ、シナモン、にんにくなどのスパイス(このスパイスの調合は、ジャマイカの先住民タイノー族のレシピだといわれている)に漬けたチキンや豚肉を、もうもうと煙をあげながらドラム缶などの金属板を利用して炭火で豪快に焼く光景がしばしば見られます。

またジャマイカらしい料理として、アキーの木の実を添えたソルトフィッシュ(塩漬け魚。主にタラ)も。熟す前に食べると死ぬともいわれる猛毒を持つアキーの木の実を食べるのは、ジャマイカだけだといわれています。

ほかに、イギリスのコーニッシュパスティーがもとになったともいわれる、野菜や肉を詰めたパンや、バミー(Bammy)というキャッサバのパン、プランテーン(調理用の青バナナ)、パンの木の実、ヤムいも、またイギリス領時代にインドから労働者として連れて来られた人々が伝えたカレーなども食べられています。

また、ボブ・マーレィが広めたラスタファリズムを信仰する人々の間では、アイタルフードと呼ばれる、天然のハーブや野菜中心の料理が食べられています。

ジャマイカのドリンクといえば、ブルーマウンテンに代表される高品質なコーヒーをはじめ、ジンジャービールやラム酒(マイヤーズが世界的に有名)がポピュラーです。




ジャマイカ

面積1万991k㎡
人口約260万人
首都キングストン Kingston
住民黒人77%、混血15%、インド系3%、白人3%
言語英語
宗教 プロテスタント、英国国教会、カトリック、ポコマニア
建国1962年8月6日 (イギリスより独立)


ジャマイカ
マイアミからエア・ジャマイカに乗ってモンテゴベイに来ています。

地元人が「おみやげ~」とか言ってうるさいのですが、海で泳いだり、お酒を飲んだりしてのんびり過ごしています。
(ジャマイカ~モンテゴベイにて)


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加