ギニアビサウ国旗 ギニアビサウの料理

Republic of Guinea-Bissau | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ポルトガルの旧植民地

西アフリカの海岸部に面し、サバンナ気候が国土のほとんどを占めるギニアビサウ。アンゴラなどと同様、15世紀半ばから1974年に独立するまで、非常に長い間ポルトガルの植民地だったことから、現在でもポルトガルの影響を残す国です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ギニアビサウ
ギニアビサウ

ギニアビサウ地図ただし公用語はポルトガル語ですが、バランテ族やフラニ族などいくつかの部族間のコミュニケーションには、ポルトガル語をもとにしたクレオール語が使われるようです。

ギニアビサウの料理は、魚(調理法例:魚フライ)やキャッサバ、ピーナッツソースなど典型的な西アフリカの食材のほか、ポルトガル人がもたらした豚肉や乳製品もポピュラー。野菜や果物も豊富です。

また、ギニアビサウの周辺では、Aframomum Melegueta(ギニアペッパーとも呼ばれる、カルダモンに似た香りとペッパーのような辛味を持つ香辛料)が育ち、これをしばしば料理の調味料として使用します。




ギニアビサウ
面積 36,125km2
人口 約125.6万人
首都 ビサウ Bissau
住民 バランタ、フラ、マンジャカ、マンディンカ、パペウ等
言語 ポルトガル語(公用語)
宗教 原始宗教、イスラム教、キリスト教
建国 1974年9月10日 (ポルトガルより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加