ジョージア(グルジア)の料理

ジョージア Georgia |ヨーロッパ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ヒンカリ
ヒンカリ

長寿の国の健康的な料理

黒海とカスピ海にはさまれたコーカサス(カフカス)地方の国ジョージアは、かつて日本ではグルジアと呼ばれていましたが、2015年に呼び名を改める法律が成立しました。首都はトビリシ。旧ソ連の一部で、ロシア、トルコ、アルメニア、アゼルバイジャンと国境を接しており、東方正教会のジョージア正教徒が国民の7割以上を占めます。温暖な気候に恵まれたジョージアは「カスピ海ヨーグルト」の生まれ故郷であり、長寿の国としても有名です。
ヨーロッパ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ジョージア
ジョージア

ジョージア地図ジョージアは地理的・歴史的な経緯から大きく東西に分けられ、文化にも違いがあります。山脈の分岐点であるスーラミ峠を境に、西側がトルコの影響を受けた西ジョージア、東側がイラン(ペルシャ)の影響が強い東ジョージアに分けられます。

たとえば西ジョージアでは、とうもろこしのパンや、羊や牛肉よりも鶏肉や七面鳥の肉が好まれ、東ジョージアでは小麦粉のパンと、羊肉や牛肉が好まれます。

もちろん、ジョージア全般に共通した特色も少なくありません。主な料理は、ムツバディ(Mcvadi ケバブ=シャシリク)やトマトソースで野菜を煮込んだアジァブ・サンダリ、チーズの入った微発酵パンのハチャプリ、餃子のようなヒンカリなど。ハチャプリは、落としたまごとバターの乗ったアジャリア地方のスタイル(アジャラ)をはじめ、さまざまなバリエーションがあります。

カスピ海ヨーグルトの発祥地だけに、ヨーグルト(ジョージア語でマツォニ)やチーズなどの乳製品もポピュラーです。

くるみや、新鮮な野菜をたっぷり使うことが特徴的で、ソ連時代にロシアの影響を受けて定着したと思われるザクースカ(前菜)には、いかにもヘルシーなさまざまな野菜料理が登場します。 それに果物も豊富。季節ともなればぶどうやざくろ、いちじく、アプリコット、すももなどがたわわに実ります。

また、ジョージアといって忘れてならないのはワイン。良質なワインの産地として古くから名をはせ、日本にも輸出されています。




ジョージア
面積 6.97万k㎡
人口 527万人
首都 トビリシ Tbilisi
住民 ジョージア人、アルメニア人、ロシア人、アブハジア人など
言語 ジョージア語(公用語)、ロシア語
宗教 ジョージア正教、イスラム教(スンニ派)
建国 1991年4月9日 (ソビエト連邦より独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加