ガンビア国旗 ガンビアの料理

ガンビア共和国 Republic of The Gambia |アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


川の流域に領土を持つ国

アフリカの西部、セネガルに囲まれたガンビア川流域に沿って領土を有する細長い国、ガンビア。イスラム教徒が全人口の約90%を占める、旧イギリス領の国です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ガンビア
ガンビア

ガンビア地図ガンビアの料理は、シチューに、フーフーと呼ばれるプランテーン(調理用バナナ)やキャッサバの粉で作ったお団子、またはお米を添えて食べる、典型的な西アフリカのスタイル。

ベナチン(Benachin。別名ジョロフライス)という、セネガルが発祥といわれるトマトと野菜入りご飯にスパイシーな肉を載せた炊き込みご飯や、ベースニェベ(Base Nyebe)というチキンや牛肉と緑豆、野菜などのシチュー、ペースト状にしたナッツと肉のシチュー・ドモダ(Domodah)、肉やスモークした魚を青い野菜とパームオイルで調理したプラサス(Plasas)などがよく食べられている料理です。一般的に冷蔵庫が不足しているので、食物は新鮮なまま食されることが多いようです。

またガンビアは、川や海(大西洋)に面しているため、魚が豊富で、首都バンジュールなどの大都市には優れた魚市場があります。

飲み物はフレッシュな各種フルーツジュースのほか、ビールがポピュラー。Jul Brewというローカルブランドのビールメーカーがあります。




ガンビア
面積 11,295km2
人口 約142.1万人
首都 バンジュール Banjul
住民 マンディンゴ族、ウォロフ族、ジョラ族、セラフリ族
言語 英語(公用語)、マンディンゴ語、ウォロフ語等
宗教 イスラム教(80%)、キリスト教(10%)、伝統的宗教(10%)
建国 1965年2月18日 (イギリスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加