コモロ国旗 コモロの料理

コモロ連合 Union of Comoros | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


サモサ
マイヨット島のサンボス

アフリカやアラブ、アジアの混ざった文化

インド洋のアフリカ大陸寄り、マダガスカルの北西にある島国コモロ。古くはマレーやポリネシア、さらにアラブ人、バンツー系の南部アフリカ人らが移り住み、19世紀半ばからフランス領された後、1975に独立したクレオールの文化あふれるイスラム教国です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
コモロ
コモロ

コモロ地図コモロはコモロ諸島の大半を国土としていますが、唯一、マイヨット島のみフランスの海外準県となっています(コモロ政府は領有権を主張)。料理にはアラブやインドの影響がうかがえ、スパイスをきかせたクレオール風料理が特徴的です。

たとえばサンブーサ(サンボス、サモサ)やクスクス、またカレーのような、肉や魚とココナッツミルク、スパイスの煮込み。海の幸やキャッサバ(ポルトガル人が南米からもたらしたものと思われる)、バナナもよく食べられています。




コモロ
面積 2,236km2
人口 約60万人
首都 モロニ Moroni
住民 バントウ系黒人を主流にアラブ人、マダガスカル人、インド人等
言語 フランス語・アラビア語(公用語)、コモロ語(スワヒリ語に近い)
宗教 イスラム教
建国 1975年7月6日 (フランスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加