ベナン国旗 ベナンの料理

ベナン(ベニン)共和国 Republic of Benin | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ベナン料理
アボボ(ラム肉と豆の煮込み)

典型的な西アフリカ・スタイルの食文化

ナイジェリアやニジェール、トーゴなどと国境を接し、40以上の部族が暮らす西アフリカの国ベナン。もとフランス領で、日本では、タレントとしても活躍している、ベナン共和国大統領特別顧問のゾマホン・ルフィンさんの生まれ故郷として名前が知られるようになりました。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ベナン
ベナン

ベナン地図ベナンは大きく南北に分けることができますが、人口が集中しているのは、海岸平野地帯の南部。北部はサバンナと半乾燥の高地で人はあまり住んでいません。ヴードゥー教の発祥地ともいわれ、今も国民のおよそ半分がヴードゥー教徒です。

さて、そんなベナンは、ヤムイモやキャッサバ、とうもろこし、豆、パスタ(クスクス)、米を主食に、煮込みのようなシチューをよく食べる、典型的な西アフリカ・スタイルの食文化を形成しています。

シチューには、肉や魚、スモークしたえび、野菜などの具のほか、甲殻類やトマト、タマネギ、ピリピリというこの国独特のホットソースを用い、おいしく仕上げます。西アフリカ全域で食べられているペースト状にしたピーナツを揚げたクリクリや、アボボと呼ばれる、肉と豆の煮込み料理は、見かけは素朴だけれど、なかなかの味わい。プランテーン(調理用バナナ)や肉の串焼きもポピュラーです。




ベナン
面積 112,622km2(日本の約3分の1)
人口 690万人
首都 ポルトノボ Porte Novo
住民 フォン族、ヨルバ族(南部)、アジャ族(モノ、クフォ川流域)、バリタ族、プール族(北部)、ソンバ族(アタコラ山地、トーゴ間)等46部族
言語 フランス語(公用語)
宗教 伝統的宗教(65%)、キリスト教(20%)、イスラム教(15%)
建国 1960年8月




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加