アルゼンチン国旗 アルゼンチンの料理

アルゼンチン共和国 Argentine Republic | 南アメリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


アルゼンチン料理
アサード

豊富な牛肉料理


世界有数の牛肉消費国で、人口の3倍近い牛が放牧されているというアルゼンチンは、さすが牛肉を使った料理が豊富。そして、これだけの牛肉を消費しながら、現在までBSEの発生ゼロを誇る国でもあります。
南アメリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
アルゼンチン
アルゼンチン

アルゼンチン地図代表的な料理は、草原地帯パンパに暮らすガウチョ(カウボーイ)のアサード。牛肉に長い鉄串をさし長時間あぶり焼く、豪快な料理です。

肉だけでなく、皮から内臓まで食べられる部位はすべて食べ、ソーセージと一緒にそれらの臓物を炭火焼きした盛り合わせパリジャーダは、アルゼンチンの代表料理。味付けは塩のみ、乾かないように油やバターを塗りながら、にんにくを擦り付けて食べます。

調理品では、ミンチした牛肉とタマネギを炒めた具をパイ生地に包んで揚げたエンパナーダ(レシピ)。これは、アルゼンチンだけでなく、南米全域で食べられている料理です。また、とうもろこしとチーズを固めて焼いたウミータも、ポピュラーな料理です。

また、童話「母をたずねて三千里」にも描かれているように、アルゼンチンはスペインのほかに、イタリアとも関連が深く、イタリア移民がもたらしたパスタやラザニア、ミラネーサ(ミラノ風牛肉のカツレツ)などのイタリア料理もポピュラーです。

お菓子類には、煮詰めたコンデンス・ミルクのクリームドゥルセ・デ・レチェを使ったお菓子や、アルファホーレス(とうもろこしの粉を使ったクレープのような生地にシロップなどをつけたお菓子)などがあります。

そして、アルゼンチンといえば、国内にワイナリーが2000以上もあるワイン大国。4世紀ほどの歴史を持ち、赤はカベルネ・ソーヴィニヨンやピノノワール、白はシャルドネ、シュナンブランなどのぶどう品種をメインに、"トラピチェ"、"メンドーサ"などの有名ワイナリーが、素晴らしいワインを世界に送り出しています。




アルゼンチン

面積 278万400k㎡
人口 約3,600万人
首都 ブエノスアイレス Buenos Aires
住民 白人(スペイン、イタリア系が大部分)。ほかにドイツ、中央ヨーロッパ系)、インディオ
言語 スペイン語
宗教 カトリック90%、ほかプロテスタント、ユダヤ教
建国 1816年7月9日独立宣言



南極クルーズも10日間でUS$2500と思ったほど安くなくてガッカリ。12月20日出航なので、南極大陸でクリスマスを迎えます。

寒さに耐えられるか心配ですが、ペンギンに会えるのを楽しみにしています。

(アルゼンチン~ウシュアイアにて)


■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加