Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

St. Lucia セントルシア

Main foods used for the flag  国旗に使用した主な料理・食材】
blue curacao & coconut milk jelly, coffee jelly, pineapple
ブルーキュラソー&ココナツミルク・ゼリー、コーヒーゼリー、パイナップル

Description of the Flag
The flag of Saint Lucia was adopted on March 1, 1967. The exact design has varied. The current flag is cerulean blue, with a gold isosceles triangle below a black arrowhead. The upper edges of the arrowhead have a white border. The flag was designed by Saint Lucian artist, Dunstan St Omer. The blue color stands for the blue sky and blue ocean that surround the island, and for fidelity. Gold stands for sunshine and prosperity. The black and white portions symbolize racial harmony, although the majority of black shows the dominant influence of black culture over European culture. The triangle parts of the design are intended to evoke the Pitons, the island's two large peaks that rise from the ocean and are recognized symbols of the island. →details -wikipedia

国旗の解説
セントルシアの国旗(セントルシアのこっき)は、独立以前の1967年3月1日に採用された。矢をイメージしており、青地に白い刃と黒いやじり、金の三角形を組み合わせている。また、これは島のシンボルの火山であるピトンも意味している。青地はもともとは濃い青だったが、2002年に現在の淡い青(水色)に変更された。青は国土を取り囲む海を、黄色は国土とその発展を、黒と白は黒人と白人が協力して国づくりを進めることを表している。→詳細 (wikipedia)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Central America & Caribe
スポンサーリンク
シェアする
e-food.jpをフォローする
世界206ヵ国の国旗弁当