Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

St. Christopher and Nevis セントクリストファー・ネイビス

Main foods used for the flag  国旗に使用した主な料理・食材】
Spinach Curry, tomato paste, jerk sauce, mango
ほうれん草カレー、トマトペースト、ジャークソース、マンゴー

Description of the Flag
The flag of Saint Kitts and Nevis was adopted on September 19, 1983, consisting of two white stars on a diagonal black band, fimbriated in yellow, separating background colors of green and red. It was the winning entry in a local competition. The flag contains the Pan-African colours, although officially the colours are given a different significance: Green: the island's fertility; Red: the struggles of the people from slavery through colonialism to independence; Yellow: year round sunshine; Black: the African heritage of the people; White stars: hope and liberty or Saint Kitts and Nevis. →details -wikipedia

国旗の解説
二つの星は希望と自由を象徴しているとされるが、元々セントクリストファー島とネイビス島の二つの島を示しているとも言われている。緑は国土の肥沃さ、赤は植民地時代の奴隷制から独立・解放への苦闘、黒はアフリカからの伝統、黄色は日光をそれぞれ象徴している。→詳細 (wikipedia)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Central America & Caribe
スポンサーリンク
シェアする
e-food.jpをフォローする
世界206ヵ国の国旗弁当