Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Kyrgyz キルギス

Main foods used for the flag  国旗に使用した主な料理・食材】
tomato sauce, boiled egg yolk
トマトソース、ゆでたまごの黄身

Description of the Flag
The flag of Kyrgyzstan was adopted on 3 March 1992 by the Supreme Council of Kyrgyzstan.[1] It consists of a red field with a yellow sun in the center having 40 uniformly spaced rays. In the center of the sun is a red ring crossed by two sets of three lines, a stylized representation of the tündük (Kyrgyz: түндүк [tyndyk]) or crown of the traditional Kyrgyz yurt, a symbol replicated in many facets of Kyrgyz architecture.→details -wikipedia

国旗の解説
キルギスの国旗は、赤地に黄色の太陽を描いた旗。太陽は40本の光条を放ち、内部には円形のシンボルが描かれる。赤地は勇敢さと勇気を、太陽は平和と豊かさを象徴する。太陽の中に描かれた、円の中で2組の3本線を交差させたシンボルは、キルギス人など遊牧民の伝統的なテント式家屋(キルギスではユルトと呼ぶ)の頂部にある構造 tunduk (キルギス語: түндүк)を表したもので、祖国や宇宙を象徴する。→詳細 (wikipedia)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Asia
スポンサーリンク
シェアする
e-food.jpをフォローする
世界206ヵ国の国旗弁当