Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Guinea Bissau ギニアビサウ

Main foods used for the flag  国旗に使用した主な料理・食材】
tomatoes, lemon, banana leaves
トマト、レモン、バナナの葉

Description of the Flag
Red stands for the blood shed during the struggle for independence, yellow stands for the sun, and green represents hope. The flag features the traditional Pan-African colors of gold, green, red, and also the Black Star of Africa. The flag's design is heavily influenced by the flag of Ghana.→details -wikipedia

国旗の解説
ギニアビサウの国旗(ポルトガル語: Bandeira da Guiné-Bissau)は、1973年に制定された。汎アフリカ色と黒い星を用いたこのデザインは、もともとは同国の独立運動の中心を担ったギニア・カーボベルデ独立アフリカ党(PAIGC)の党旗であった。そのため、同じくPAICGが独立に導き、一時は国家併合を計画していたカーボベルデの旧国旗とも酷似している。→詳細 (wikipedia)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Africa
スポンサーリンク
e-food.jpをフォローする
世界206ヵ国の国旗弁当