Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

どんぶりワールドカップ2003

どんぶりどんぶりワールドカップ2004プレ
~世界6カ国の料理のどんぶり対決(親善試合)リポート

→2006 ワールドカップ料理会を企画中です!>>詳細

キューバ丼サッカー、ラグビー、ゴルフ、バレーボール...と、スポーツ界はワールドカップ続き。試合は国際交流のチャンスでもありますが、これを日本ならではのどんぶり=”カップ”とかけて、料理で競ってしまおうという企画です。世界のどんぶり料理で楽しく国際理解をと、「エスニック料理の会」の主催により、2003年12月13日(土)に都内でプレ・イベントを開催しました。

6カ国の各代表の資格は、基本的に今年1年のうちにその国に行ったことのある人。その国らしさや愛着をうまく伝えるために、時には民族衣装で雰囲気を盛り上げ、イマジネーションをふくらませながらどんぶり創作に取り組みました。中には外国人とチームを組んで、本場の家庭料理のおいしさをストレートに伝えた代表も。

参加者による採点のポイントは、

エスニック度(その国らしい伝統料理・食材をふまえて作っているか)
創意工夫、こだわり、プレゼン度
(料理人のこだわり、アイデア等)
また食べてみたい度
(やはりいくらエスニック度が高く、面白くても、おいしくなくちゃ)

で、文化的混同(違う地域の食材を使ってしまう)、高すぎる食材(マネできない)は減点対象となりました。

以下はエントリー国の料理&投票結果と、参加者からのコメントです。日本人のほか、中国人、トルコ人ら外国人の方々にもご参加いただきました。

【エントリー国&投票結果】

 ★1位 中東代表=アフガニスタン 
     カフィリスタン地方のナレンジバラウ丼(左下写真)
       
       カルダモンやナッツの入った炊き込みご飯にそぼろを敷き、
       柑橘風味のチキンを乗せた、エキゾチックな一品。
 
 ★2位 北中米・カリブ代表=キューバ 
     キューバ革命開始50年記念ゲバラ丼
(右上写真)
       
       キューバ風の黒豆ご飯とキャッサバの上に、
       ピリ辛ナスと赤ピーマンでキューバ国旗をイメージした一品。

 ナレンジバラウ丼以下(順位不同)
 
 ★ オセアニア代表=オーストラリア エアーズロック丼
 ★ アフリカ代表=チュニジア サラダ・メシュイア(焼きサラダ)丼 
 ★ ヨーロッパ代表=ドイツ オリバー・カーン丼
 ★ アジア代表=中国 麻辣豆腐丼&上海ワンタン
   (上海と黒龍江省から助っ人が参加)

 

【参加者からのコメント】

ナレンジバラウ丼
 ごはんが面白かった。/ カルダモンが効いていた。/ 炊き込みご飯がおいしい。/ スパイスが効いていて美味しかった。/ 香料が体によさそう。/
長粒米を使うとよいと思います。/ 材料は由来を考えて使ってあってよかった。単純においしかった。/ バランスがとてもよい。/ ご飯にカルダモンを入れるのは新発想。

ゲバラ丼
 キャッサバがおいしかった。/ 飽きのこないご飯がおいしい。/国旗がアイデア。/ 意外に辛くてびっくりしましたが、飽きないおいしさ。/ 見た目がよかった。味は割合普通。/とてもヘルシー度が高い気がする。/
難しいものをよく考えた。

エアーズロック丼
 手軽にできそうだしおいしかった。/ トマトごはんとアボカドの組み合わせがおいしかった。/ オージービーフとツナの取り合わせのよさが意外だった。/次回はカンガルーの肉を使ってください?/
コスプレがなかったので減点(^^:)/イメージが難しいのにとても工夫があった。/ うちでも作ってみようかなと思います。/ 彩りも食欲をそそる一つですね。きれいでした。

サラダ・メシュイア丼
 彩りのよさがきれい。/現地らしい感じが出ていた。/野菜がもっとゴロゴロ入っていてもよかったかも。/サラダを丼にするとは思いつかなかった。

オリバー・カーン丼
 見かけよりとてもおいしかった。/ マスタードの酸味がナイスでした。/ 視覚インパクト最高。/ 正直見かけにひいてしまいましたが、食べてみるとおいしかったのでびっくり!でした。/
見た目ほど強烈な辛味・酸味でなかったので安心した。/ ドリンクの点をプラスすればあなたが優勝です。/ プレゼンはすばらしかったです。
どことなくチープでくせになる味でした。/ 色物なんておっしゃっていましたが、うーん、美味でした。/ 緑のもの使ってもよいのでは?/
思ったより美味しい!と皆が言うのがわかります。

麻辣豆腐丼
 本格派!/ ワンタン最高です。/ さすが、安心して食べられます。/自分で作れたらいいなあと思える味でした。/ 素直においしかった。/ すごくおいしかった!感動した。/ チームワークの勝利!/ 単純においしすぎる。本場の方が作ると違います!

<どんぶりワールドカップ2004>プレ・イベント記

●日時:12月13日(土)18:30-21:30 都内にて。

※どんぶり料理のほかに、Bar Maruyama提供の今回の出場国に合わせた世界の珍しいドリンクや、「日本一おいしい」との評判も高い、トルコ人シェフ、シュレイマン・オザリさんの特製バクラヴァ(トルコのデザート)をお出ししました。

●地域:サッカーのフェデレーション・カップにあわせて大陸別というイメージで、以下6地域ブロックから、好きな1国のどんぶりを作る。当日参加すればもちろん6カ国全部の料理が食べられる。

アジア/中東/アフリカ/ヨーロッパ/北中米&カリブ/南米&オセアニア

Donburi World Cup 2004
Pre-event Goodwill Match

(Ethnic Food Club Year-end Party)
~The Donburi Cooking Championship of the World’s Six Countries~
Join a party as participant & gallery to eat!
<

Soccer, rugby football, golf and volleyball…There are many world
championship games in recent years. These may be a good chance of
the international interchange. Now we are planning a party world
cup by cooking with "Donburi" (It’s a pun. You know what?
Donburi means "cup" or "bowl" in Japanese!).
This is a pre-event for a next spring’s. Let’s enjoy a year-end
party of 6 world Donburi cooking with us! We are very welcome if
you cook your country’s food.

●Date : December 13 (sat) 18:30 – 21:30. (Venue is informed to
participants after).

*The special Turkey dessert by Turkish chef and rare beverages
of the world is including.

Donburi World Cup participation qualification: A person
who went oversea travel in the end of 2002 thru 2003. You can participate
with cooking of the visit country. It’s a best chance to expand
your cooking repertory or to show them. The companion or general
participants is OK even if doesn’t go there. (There is a privilege
for person who cook. You don’t need to care about cooking material’s
fee. Please be divided into the cooking group of the country which
you want the day).

Area: Make one Donburi of your favorite country of the following
6 area block like a Federation Cup of soccer. You can eat foods
of 6 countries if you attend the day, of course.

Asia/ The Middle East/ Africa/ Europe/ North
Central America & Caribe/ South America & Oceania

You may eat the following. We will inform you again the decided
entry countries by December 7. We all make 2 or 3 Donburi in the
day because the kitchen is not so big.

It varies according to whether everyone whom it had join this time
went to which country this year whether to have cooking of which
country eaten. Please think about the following persistently as
a reference example.