e-food.jp » 世界料理ブログ » イベント・リポート » ニュージーランド・フードコネクション2017|ニュージーランド大使館

ニュージーランド・フードコネクション2017|ニュージーランド大使館


ニュージーランドのプロ向け食品展示会

5月23日にニュージーランド大使館(渋谷区)で開催された「ニュージーランド・フードコネクション2017」に行ってきました。

これは、ニュージーランド貿易経済促進庁が年に1度開催するプロ向けの食肉・乳製品・海産物・農産物の展示会。食材の宝庫ニュージーランドのさまざまな味覚を体験させていただきました。


↑ニュージーランドといえばラムチョップ。こちらは東麻布でニュージーランド・レストラン「ワカヌイ」を経営されているアンズコフーズさんのブース。レストランでも食べられますが、この肉の柔らかさ、きっと感激します。


↑アンズコフーズさんでは、他にもニュージーランドの海風に育まれた穀物肥育牛のオーシャンビーフや、完全放牧の牧草育ちのグラスフェッドビーフなども取り扱っているそうです。


↑こちらはニュージーランドのオリジナルチーズを輸入・販売するKAPITIさんのブース。青かびチーズの「キコランギ」(マオリ語で空の深い青、の意味)はクリーミーで濃厚。ニュージーランド産のワインにも合います。


↑株式会社ヤカベさんの扱う、OLIVADO社のコールドプレスによるエキストラバージン・アボカドオイル。オリーブオイルやマカデミアナッツオイル、またそのブレンドなども。


↑アボカドオイルでこんなおしゃれなオードブルも。


↑見慣れない珍しいフルーツもありました。こちらはフェイジョアという、南米ウルグアイ原産でニュージーランドで主に栽培されているフルーツだそう。キウイに似ていますが、洋ナシのような味がします。


↑こちらは、ニュージーランドから輸入された冷凍パン、菓子パン。何と抹茶味までありました。ニュージーランドはバターがおいしいので、パンも一味違います。


↑こちらはニュージーランド大使館の入り口。マオリの彫刻が活かされています。

赤坂にニュージーランド・カフェ発見!

以上のほかにもワインやマヌカ・ハニー、アイスクリームなど、ニュージーランドならではの食材がズラリ。この展示会の後、赤坂の街を歩いていたらニュージーランド・カフェとギフトショップがオープンしているのを偶然発見したりして、ちょっとアツいなニュージーランド、などと思った次第。

ホーキーポーキー・アイスクリームなども、これからもっとメジャーになってほしいものです。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」


←BACK NEXT→

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索