e-food.jp » 世界料理ブログ » 青木ゆり子のイベント参加・活動報告 » 港区ワールドカーニバル(東京タワー)に参加

港区ワールドカーニバル(東京タワー)に参加


ご近所感覚のなごやかな国際交流

東京タワーで開催された「港区ワールドカーニバル」に行ってきました。

このイベントは、1月から開催されていた港区にある大使館が協力した「港区ワールドフェスティバル」の集大成になるもの。20以上の各国の大使館による料理や民芸品ブースが軒を並べました。

代々木公園のような大規模な会場ではありませんが、アフガニスタンやカタール、ミクロネシア、マダガスカル、コスタリカ、ボスニア・ヘルツェコビナなどなど多くの参加大使館のご近所ということで、各国大使の姿もちらほら見かけました。

大使館シェフによる各国の珍しい郷土料理を提供するブースもあったりして、料理の質の高さはさすがでした。港区と大使館が主体になったイベントのため、あまり営利に走らない清々さがいい感じです。

今日は、ちょうど桜が満開の気持ちのいい天気のもと、ほどほどの混雑で、心地よくなごやかな国際交流を楽しませていただきました。


↑この日は桜が満開でした。


↑出展大使館リストです。



↑民族衣装姿のウクライナ・コミュニティのみなさん。ブースでは復活祭のお菓子も。


↑アフガニスタン大使館ブースの揚げたて「ボラニ」。


↑マダガスカル大使館の珍しいマダガスカル・ワイン。


↑マーシャル諸島はまぐろとココナッツミルクの「コスラエスープ」。


↑カタール大使館も珍しいカタールの料理を。


このエントリーをはてなブックマークに追加

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」
←BACK NEXT→

RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム