e-food.jp » 郷土料理を訪ねる旅 top » 海外の郷土料理を訪ねる旅 » リトアニア・ビリニュスのクリスマスマーケット&郷土料理

リトアニア・ビリニュスのクリスマスマーケット&郷土料理


美しいイルミネーションに彩られたクリスマスマーケット

ポーランドのワルシャワから、リトアニアの首都ビリニュスのクリスマス・マーケットへ。こちらも旧市街の中心地で美しいイルミネーションに彩られたクリスマスマーケットが開催されています。

リトアニア料理の代表格といえば、ピンク・ボルシチこと「シャルティ・バルシチェイ」。夏の食べ物とよく聞きますが、冬でもみなさん冷たいまま前菜のような感覚で召し上がっていました。甘みのあるきれいなピンク色のビーツ&濃厚な発酵乳飲料ケフィールが食欲をそそります。付け合わせはじゃがいもが定番です。

今の時期には、クリスマスに欠かせない「クチュケイ」や「ジンジャーブレッド」がパン屋さんで販売されており、購入してみました。

また、ドイツの飛行船ツェッペリンの形に由来する具入りじゃがいものダンプリング「ツェペリナイ」も、リトアニアならではの料理。かつてラトビアにツェッペリン飛行船の格納庫があったそうで、それにちなんで名づけられたのかもしれません。

そして、リトアニアにもポーランドのようなホットフルーツドリンクがいろいろありました!写真はイチゴとスグリ、はちみつをミックスしたホットジュース。今日のビリニュスは雪模様でしたが、これを飲んで体がホカホカと温まりました。

リトアニア滞在中は、ビリニュスから、杉原千畝記念館のあるかつての首都カウナスまで電車で訪ねてみました。内陸地なので雪に覆われ、この日も雪模様でしたが、旧日本大使館である記念館の建物はきれいに整っていて、悪天候の中訪れる人が他にもちらほらいたようでうれしくなりました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」
←BACK NEXT→

RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム
Translate

カスタム検索

アーカイブ

  • 国旗弁当
  • 日本の郷土料理食べ歩き
  • 世界のエスニックタウン
  • シルクロードの料理