e-food.jp » グルメ海外旅行 » 日本の郷土料理 食べ歩き top » 日本のご当地グルメ・リスト » 関東地方のご当地グルメ

関東地方のご当地グルメ ・郷土料理リスト


くさや|東京都・伊豆諸島

ちたけそば|栃木県

ちたけの食用の歴史は少なくとも江戸時代の享保年間に遡るといわれ、ちたけとなすを炒めてしょうゆとみりんで味付けただし汁を使った「ちたけそば」は、栃木県民のソウルフードともいっていいほどポピュラーです。

いわし料理|千葉県・九十九里町

九十九里浜のいわし漁の拠点ともいえるのが、九十九里浜の中心地・九十九里町にある片貝漁港。冬が旬のセグロを求めて、九十九里浜の中心地である、九十九里町に行ってきました。

加須うどん|埼玉県・加須

加須では「うどんの町」を全面に打ち出し、加須手打ちうどん会によるマップ”を作成するなどして、町おこしをはかっています。加須うどんの特徴は、手打ちは当然で、小麦は地元産のものを使用していることです。

あんこう鍋|茨城県・大洗

荒波寄せる太平洋に面した、茨城県大洗町。その太平洋の海底深くに棲むあんこうは、大洗や近郊の水戸の冬の味覚として知られ、あんこう鍋や、海のフォアグラとも呼ばれる「あんきも」が県内の料亭、割烹などに出回ります。

そぼろ納豆|茨城・水戸

平安末期からの納豆製造の歴史を誇る水戸には、他所には見られない納豆を使った伝統食があります。納豆と切り干し大根をしょうゆなどで味を付けて漬け込んだ「そぼろ(しょぼろ)納豆」は、そんな水戸ならではの食べ物です。

黄門料理|茨城・水戸

光圀公の食生活を記録した文献を苦労して解読し、研究して、100種を超えるという料理を自ら調理して提供していた「黄門料理 大塚屋」の閉店後、水戸商工会議所が、商標や献立を引き継いで、黄門料理を水戸の名物として広めようと立ち上がりました。

いがまんじゅう|埼玉県・鴻巣・加須

一見、まんまるの赤飯のおにぎり。でも、中を割ってみるとあらびっくり、小麦粉の皮のおまんじゅうが隠されている「いがまんじゅう」は、関東平野の真ん中に位置する、埼玉県北部の鴻巣や加須の郷土和菓子。日本最大級の河川でもある利根川流域の肥沃な土地で受け継がれてきた、豊かな農村の名残りのような食べ物です。

おっきりこみ|群馬県

山梨県のほうとうとよく似た、「上州ほうとう」、「煮ぼうとう」などとも呼ばれる群馬県の郷土料理。山梨のほうとうが武田信玄の陣中食だといわれるなら、群馬県のおっきりこみ(おきりこみ)は、鎌倉幕府を滅亡させた新田義貞の祖である新田義重にゆかりのある食べ物で、義重が京都の宮中からもたらしたといういい伝えがあるそうです。

深川丼|東京都・江東区

あさりのむき身とねぎを味噌で煮込み、どんぶり飯にかけて食べる「深川丼」は、東京の下町・深川が生んだ、江戸前の貝を利用した漁民料理。昔はあさりではなくバカ貝のむき身を使い、屋台で売られる下層階級の食べ物とめされていたそうです。

かんこ焼き|神奈川県・津久井地方

農水省の郷土料理百選の神奈川代表のひとつに選ばれた、かんこ焼き。名前の由来は、雅楽で使われる鼓の一種の羯鼓(かっこ)に形が似ているから、もしくは乾粉からきているといわれています。

水沢うどん|群馬県・水沢

箱根や鬼怒川などともに、東京から気軽に行ける温泉のひとつである群馬県の伊香保温泉に隣接した水沢の「水沢うどん」は、一説によるとさぬき、稲庭に次ぐ”日本三大うどん”のひとつとも称される逸品。かつての良質の小麦と、水質のいい清流が生んだ、コシとのど越しがすばらしいうどんで、水沢地区の一帯には13軒のうどん店が軒を連ねています。

へらへら団子|神奈川県・横須賀

へらへら団子は、神奈川県から郷土料理百選に選ばれた一品。横須賀市佐島地区では、夏の船祭りの際の氏神様への奉納品として昔から食べられてきました。


このエントリーをはてなブックマークに追加

Translate

カスタム検索

アーカイブ

  • RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム
  • 国旗弁当
  • 日本の郷土料理食べ歩き
  • 世界のエスニックタウン
  • シルクロードの料理