六本木・麻布~飲食店の歴史

すべては「ニコラス・ピザハウス」から始まった

 「東京の南西部の港区に、六本木という古い住宅街があった。北は乃木神社、米軍ハーディ兵舎から、南はロシア大使館、アメリカンクラブにいたる、全長およそ1キロの道路をはさんで広がる地域だ。道路沿いには、そば屋、喫茶店、花屋など、店頭にガラスを張りめぐらした低層の店舗が、ずらりと軒を連ねている。その裏手に隠れるように、瓦葺きのダークブラウンの洋館が、幾重にもわたって建っている。ここに住んでいるのは、おもに外国人ビジネスマンや外交官とその家族だ。…

 やがてこの地域が、国際的な夜遊びのメッカへと塗り替えられる。しかし当時はまだ、その気配さえもうかがえなかった。六本木交差点は、今でこそ世界屈指の繁華街だが、当時は派出所と、小さな書店が一軒と、広い空き地が二ヶ所あるばかり。夜ともなれば、裏道は人っ子一人見あたらず、"幽霊が出る"と住人が噂するほど閑散としていた」…。


経営者は代わったものの、今も名だけ残している「ニコラス」(開店当初は「ニコラス・ピザハウス」)の創設者、故ニコラ・ザペッティの半生を戦後の東京の闇とともに描いた、ロバート・ホワイティングの秀著『東京アンダーワールド』には、昭和20年代後半の六本木の様子がこんな風に描かれています。

六本木は、古く江戸時代には、寺や武家屋敷が立ち並ぶ町で、明治時代に入って武家屋敷は各国の大、公使館や高級住宅地に変わり、龍土町にあった日本の帝国陸軍歩兵部隊の本部は、戦後しばらく米軍の兵舎となりました(ちなみに当サイトでは、江戸時代の区分や上記にならって、現在の麻布十番や乃木坂なども六本木エリアに含めて扱っています)。

1954年、宝石泥棒の罪で投獄され、出所後の再出発を考えていた元GIのザペッティは、国際人がひしめく六本木に目をつけて、自分のルーツであるイタリア料理のレストラン「ニコラス・ピザハウス」をオープンさせます。当時はまだまだ物資不足で、まともな西洋料理を食べさせるレストランが少なかった時代。「ニコラス」の本格派のアメリカ風の丸いピザや、スパゲッティ、ラザニアは、故郷の味に飢えていたアメリカ人や、好奇心旺盛な日本人を惹きつけ、大評判を呼んだのでした。

昭和30年代は、「ニコラス」がもっとも華やかだった時代でした。フランク・シナトラやエリザベス・テイラー、ジョン・ウェイン、エヴァ・ガードナーら、ロケで日本にやってきたハリウッドの超一流スターをはじめ、プロレスや球界のスター選手、そして、現天皇陛下と美智子様など、そうそうたる人々がお店を来訪。六本木はピザの代名詞とも呼ばれました。まさに「ニコラス」の成功が、今に続く"セレブリティが集う、時代の最先端をいくレストラン・スポット"としての六本木の礎を築いたといえそうです。

さらに、昭和34年のNETテレビ(現テレビ朝日)の開局や、地下鉄日比谷線の開通がそれに火をつけたカタチに。六本木は、世界でも指折りの、ハイセンスな飲食店がひしめく繁華街に変貌していったのでした。

「ザ・ハンバーガー・イン」と「シシリア」

しかしながら、六本木の斬新なレストランのルーツは、「ニコラス」よりも少し早くオープンした、「ザ・ハンバーガー・イン」や「シシリア」かもしれません。

現在、六本木にある「ニコラス・ピザハウス」は経営者が変わり、形態も変わっていますが、「シシリア」は、オープン当初からの伝統を地道に残して営業を続けています。

「ザ・ハンバーガー・イン」(2005年にいったんその長い歴史の幕を閉じ、2007年5月に西麻布に移転して別経営者により復活したものの、再び閉店)は、「マクドナルド」が日本に進出するはるか昔から、アメリカのダイナー風な店構えでハンバーガーをメニューにそろえていました。昭和40年に現在のロアビル前に店舗を移転しましたが、お店の雰囲気屋メニューは、1950年のオープン当初から2005年の閉店時まで、ほとんど変わっていなかったといいます。

また、地元・麻布出身の堀井克英さんがオープンさせた「シシリア」は、今も昔も、薄くて四角くいピザが名物。元潜水艦で働いていたという初代のイタリア人シェフが、潜水艦の中で作っていたピザをそっくり持ち込んだのだそうです。「シシリア」は近年、ビル建て替えにより店舗は新しくなりましたが、ロケーションや落書きだらけの地下のフロア、メニューなど、開店当時の雰囲気は今も健在です。

そのほかの六本木のランドマーク・レストラン・複合ビル

キャンティ飯倉本店
昭和35年(1960)オープン。当時はかなりリッチな最先端のお店で、「東京キャンティ物語」というドラマが何年か前に放送されました。数々の伝説を残す、日本の高級イタリア料理店の先駆けのようなレストランです。今も当時の流れを汲んだイタリア料理を提供しています。

瀬里奈
六本木3丁目にある、"しゃぶしゃぶ"と"かに料理"で有名な高級レストラン。昭和36年(1961)にオープンし、"「瀬里奈」が六本木をグレードアップした"ともいわれています。当時は銀座のホステスさんが、お客さんを連れて食事をしに六本木に流れるパターンが多く、創業者はそれに目をつけたのだそうです。

おつな寿司
ホテルアイビスの並びにある、明治8年(1875)創業の老舗の庶民的なお寿司屋さん。初代の近藤つな(おつな)さんが発明したという、袋をひっくり返した、ゆず味のいなり寿司が今も名物です。2005年に建て替えされ、きれいになりました(以前の昔ながらの造りも魅力的だったのだけど…)。

龍土軒
西麻布にある、世紀の変わり目の明治33年(1900)創業のフランス料理店で、おそらく日本最古のフランス料理レストランのひとつ。"乃木坂"の名前の由来となった陸軍大将の乃木希典(私邸からも近かった)をはじめ、柳田国男や国木田独歩、田山花袋、島崎藤村らの文学者ら歴代の来訪者リストは、まさに日本の歴史を物語るもの。近年、建て替えによりきれいになりました。六本木のきらびやかな新しいレストランに隠れてあまり目立ちませんが、今もしっかりと営業を続けています。

六本木食堂(閉店)
セルフサービスで、おふくろの味の好きなおかずを選んでいくスタイルの食堂で、長い間、サラリーマンらに支持されてきた有名なお店でしたが、残念ながら閉店してしまいました。お店のおばちゃんたちの温かさがなつかしいです。

西川治兵衛の店(閉店)
"ぺろんたん"の看板で有名な小料理店でしたが、こちらも閉店してしまいました。こういった昔からの名物店がひとつ、ひとつとなくなっていくのは、さみしい限りです。

六本木ヒルズ
2003年4月25日、森ビルによる旧テレビ朝日・日ケ窪団地等の敷地(かつては毛利家上屋敷跡)の再開発プロジェクトとしてオープン。今や六本木のランドマークのひとつに。「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」や「レイカサイ」など、世界に冠たるレストランもいくつか出店しています。

東京ミッドタウン
2007年3月30日、防衛庁跡地(もともとは旧毛利藩下屋敷跡。その後、帝国陸軍駐屯地→米進駐軍駐屯地→防衛庁とたどった歴史がある)の、三井不動産による赤坂9丁目再開発プロジェクトとしてオープン。土地の買収価格は約1800億円とのこと。六本木ヒルズのライバルともいわれ、こちらも、「ユニオンスクエア・トウキョー」、 アラン・デュカスのブーランジェリー「ビー」、御茶ノ水・山の上ホテルの「てんぷら山の上」など、本店以外の初出店を含む日本・海外の有名グルメ店がテナントに入っています。

■こちらも参考に…
六本木の歴史(ラクティブ六本木)


このエントリーをはてなブックマークに追加

カスタム検索


RSS フェイスブック ツイッター
六本木でランチについてお問合せ http://www.e-food.jp/rop/img/roppongi_areamap.gif
六本木・麻布グルメマップ

アーカイブ