クリスチアノ|ポルトガル料理|代々木公園




豚肉とハマグリのアレンテージョ風

メニュー豊富なポルトガル料理店

2010年に代々木公園駅(または代々木八幡駅)近くにオープンした、日本人スタッフによるポルトガル料理レストラン。2013年1月には、現店舗の近くに、エッグタルトなどをポルトガルのお菓子を販売するお店「ナタ・デ・クリスチアノ」がオープンしました(お菓子の方は売り切れ御免で、閉店前に完売してしまうこともあるようですので、ご注意)。

上写真は、定番のメイン料理のひとつ「豚肉とハマグリのアレンテージョ風 Carne de porco a alentejan」。普通アサリのことも多いのですが、今の時期、ハマグリの方が質がいいとのことで、ちょっと豪華版?になっています。

コリアンダー(パクチー)をきかせていますが、豚とはまぐりの組み合わせによるあっさりとした味わいが、何とも日本人好みです。

ご存じの通り、日本とポルトガルは、16世紀の南蛮渡来文化の時代に遡る昔から交流がありました。”こんぺいとう”や”カステラ”に代表されるような、ポルトガルから伝来した食べ物も少なくありません。

それに、ポルトガルはイワシの炭火焼きに代表されるようなシンプルな魚料理や、かやくごはん(これもポルトガルがルーツといわれる)風のお米料理がポピュラーで、お隣のスペインよりも、日本人にはなじみやすい料理が多いと思います。

メニューは、純粋なポルトガルの料理に多少アレンジを加えてプラスアルファされている感じですが、お店には、チーズやベーコンなど自家製のメニューも多く、おいしくいただけるはず。

ワインリストももちろんポルトガル産ばかりで、微発砲のビニョベルデから、それぞれの料理に合った赤白ワイン、マデイラ酒などが楽しめます。お店のスタッフもワインに詳しい様子ですので、まずは相談されるのをおすすめします。

ひとつひとつのポーションがあまり大きくない料理もありますが、前菜からデザートにいたるまで、ポルトガルの地方料理を含めてメニュー豊富で、価格もお手ごろ(デザートの中には、何と1個10円のものまであるのです)。

お店は地下鉄の代々木公園駅からちょっと入り組んだ路地にありますが、混んでいることが多いようですので、予約した方がよいかと思います。

店名 クリスチアノ Cristiano's
住所 東京都渋谷区富ヶ谷1-51-10
TEL 03-5790-0909
営業時間 火~土18:00~26:00(LO24:00) 、日・祝24:00閉店(LO23:00)
定休日
公式サイト http://www.cristianos.jp

大きな地図で見る

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」


← |  

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

  • 東京圏の各国料理店ファン・コミュニティ


    Google+のコミュニティgoogleプラス
  • メールフォーム
  • RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム