ペナンレストラン|マレーシア料理|芝公園


ホッケンミー
ホッケンミー

家族経営の中華系マレーシア料理

2012年2月にオープンした、マレーシア・ペナン島出身のご家族が経営する、こじんまりとした居酒屋風のマレーシア料理店。ペナンといえば、マレーシアきってのグルメエリアとして名を馳せていますが、こちらの料理は、そんなペナンを代表する中華系マレー料理であるニョニャ料理を提供しています。

そんなわけで、お店のメニューには、マレー系に多いイスラム教徒が食べない豚肉を使った料理や、中国をルーツにした料理が多く見られます。上写真は、えびの殻から出汁を取り、えびそのものもたっぷり乗った、赤いスープのペナン式ホッケンミー(フッケンミー=福建麺。日本風に”エビラーメン”とも)。名前の通り、中国の福建省をルーツに、マレー風のスパイシーなテイストがミックスした料理です。色合いからして、いかにもおいしそうですね。

肉骨茶(バクテー)

一方、上写真はニョニャ料理の代表格でもある、肉骨茶=バクテー。豚肉のスペアリブを、漢方薬に使うスパイスと中国醤油で味付け、土鍋で煮込んだ料理です。スペアリブのほか厚揚げやきのこが入り、お好みで油条(中国の揚げパン)を加えて食べます。ちょっと漢方薬っぽい風味のスープが最初に気になる方もいるかもしれませんが、健康によさそうですし、食感もよく、ポカポカと体も温まります。こちらの肉骨茶はあっさり系で、日本人にもおいしく食べやすいと思います。

お値段がお手頃なのもうれしい限り。今回は単品でオーダーしましたが、4人で上記の料理を食べて、飲み物込みで1人3000円弱。ナシゴレンなどが食べられるお得なコース料理もありました。ランチのホッケンミーや海南鶏飯等はジャスト700円です。

他にメニューにない料理で、ペナン名物のアッサムラクサ(下写真)を2013年5月から、材料があれば1名から作ってくださることになりました。アッサムラクサは、CNNGoの世界で最もおいしい料理BEST50で第7位に輝いた、美味なる麺料理です。また、フィッシュヘッドカレーも事前予約で作ってくださるとのこと。

アッサムラクサ

お店を切り盛りするのは、在日20年のお父さんのロバートさんと、本国から呼び寄せた奥様、息子さんのエドワードさんのご家族。お店の周囲は近代的ながらも無機質なオフィス街なのですが、このお店のある一角だけ、昔風な温かみのある商店街が残っているエリアで、いかにも家庭的で、価格も手ごろなこのお店の雰囲気にぴったりです。

都会歩きに疲れたら、このお店で南国らしいマレーシアの明るい笑顔に癒されてみてください。


↑「ペナンレストラン」のご家族一同。背の順で(笑)パチリと撮らせていただきました。一番右がエドワードさん。

店名 ペナンレストラン
住所 東京都港区芝2-4-16 加藤ビル1F
TEL 03-3456-3239
営業時間 11:00~14:30、5:00~23:00
定休日 日祝
公式サイト https://www.facebook.com/PenangRestaurant

大きな地図で見る

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」


← |  

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

  • 東京圏の各国料理店ファン・コミュニティ


    Google+のコミュニティgoogleプラス
  • メールフォーム
  • RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム