東京レストランサーチのフェイスブック版およびGoogle+版を開設しました


東京レストランサーチのフェイスブック版およびGoogle+版を開設しました。

2000年にサイトを開設する以前から、運営者自身、各国料理店や日本の郷土料理店を食べ歩くのが好きで、今も飽きずに続けています(笑)。時には全国各地にお店を訪ねたり、ロンドン、ニューヨーク、パリ、トロント、ソウル、メルボルン…といった世界の都市のエスニックタウンを訪ねたりもしました。もちろん現地に直接、旅行することもありますが、ひとつの都市の中で、短期間にいろいろな国・地方のレストランを訪ねるのは面白いものです。

なぜ飽きないのか。それは、珍しい料理を体験するのはもちろんのこと、その国・地方の出身者や、その土地にこだわり、愛情をかけて、すばらしさを広めたいと考えているオーナー、シェフと話すのがとても楽しいんですね。それは、江戸時代から続くような、東京の老舗店とても同じこと。レストランを出たあとに元気をもらえます。料理めぐりも最終的には、情熱を持って何かをしている人と出会うのが目的になってきました。

また、こんなレストラン・サイトを運営していると、同じように、おいしいかどうかだけではなく、各国・地域に根づいた伝統料理を食べ歩くことをこよなく愛する方々と知り合います。みなさん、旅がお好きだったり、芸術がお好きだったり、大らかで、ハッピーで、多様な価値観を受け入れられる魅力的な方ばかりです。

そんなリベラルで文化的な気質は、まさに、コスモポリタンな都市・東京が最も誇れることそのものとも思います。東京に住んでいる方も、外から東京に訪ねて来られる方も、わいわいと食卓を囲んで、味にうるさいけれど好奇心旺盛な、この懐深い愛すべき食の街で世界の味を楽しんでください。

運営者:e-food.jp 青木ゆり子

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」


← |  

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

  • 東京圏の各国料理店ファン・コミュニティ


    Google+のコミュニティgoogleプラス
  • メールフォーム
  • RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム