ジャヴァン|イラン料理|大塚(池袋)


イラン女性がていねいに作った本格派料理

昨年12月に大塚(池袋)に新しくオープンした、こぎれいで広々したイラン(ペルシャ)料理レストラン。名古屋にあるお店の東京店です。

テヘラン出身の陽気な美人姉妹がていねいに作ったお料理が、大変おいしかったです。イラン女性シェフが切り盛りするイラン料理レストランは珍しいのではないでしょうか。

上写真は、グビデキャバーブやバルゲなどキャバーブ類の盛り合わせ。ゼレシュク(バーベリー)を散らしたポロウが付いてきます。ご覧の通りの本格派です。

個人的には、特にマヒチェ(羊のすね肉煮込み)&ハーブ入りポロウが気に入りました。他にホレシュゲイメ等のシチュー類も本格派で美味。

これにバルバリ(イランのパン)や、ビーフとチキンを混ぜたハラールハム、キャバーブと一緒に食べるとおいしい自家製ヨーグルトなどが付いたおすすめコースが1人3500円ですから、良心価格だと思います。もちろんアラカルトや、ランチもやっているそうです。


↑マヒチェ


↑前菜のハラールハム


↑シーラーズサラダ


↑ゲイメ


↑ホレシュゲイメ

この日は在日イラン人の方々集まり、テレビのサッカーの試合に熱中しておりました。このクォリティなら現地人のたまり場になるのもわかります。

上階はイラン食品のショップで、先のハラールハムやイランのヨーグルト、アーブグーシュトなど珍しい品々を自家製で販売している気合の入れよう。まさに満を持して名古屋から東京に上陸、という感じでした。

この日は、激安のザクロジュースを買い込んで帰宅の途につきました。


ジャヴァン (JAVA) 池袋店
東京都豊島区上池袋1-35-6
Tel. 03-6903-6922

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」


 |  

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

  • 東京圏の各国料理店ファン・コミュニティ


    Google+のコミュニティgoogleプラス
  • メールフォーム
  • RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム