アロヒディン|ウズベキスタン料理|八丁堀


現地出身シェフの作るウズベク料理

【八丁堀】オフィス街から路地に入ったビルの地下に、この4月にオープンしたトルコ&ウズベキスタン料理の店。代表&シェフのアモノフ・ファズリディンさんはウズベキスタンのサマルカンドご出身で、実質はウズベキスタン色の濃いお店といえそうです。

青の都サマルカンドを思わせる、ブルーを基調にした店内。サマルカンドのランドマークで中央アジア最大のモスク、ビビハニム・モスクの写真が壁一面に飾られています。ウズベキスタン人はトルコ系民族で、両者に共通した料理がありますし、日本ではトルコ料理の方が通りがいいので、トルコ料理としたのだと思われます。

しかしなががら、未だにソ連の面影で、ウォッカを置いていたり、料理にロシアン・コースがあったり、ウクライナ人ダンサーのショーがあったりするところなどは、他のトルコ料理レストランと一線を画すところ。不思議なミックス・カルチャーがおもしろいです。

ちなみに、名物料理サマルカンド・プロフ(ピラフ)などを含むウズベキスタン料理のコース3500円をいただくには、事前に予約が必要ですのでご注意。いかにもおいしそうな、ウズベク式のナン(パン)はありがたいことに、食べ放題で、ついつい食べすぎてしまいそうです。

駅から離れている上、碁盤の目のオフィス街の奥にあって道順もわかりにくいのですが、本場もののエキゾチックな異国ムードを味わいたい方はおすめしたいお店です。

参照
ウズベキスタン料理について詳細
ウズベキスタンの食べ物 シルクロードの料理

店名 アロヒディン
住所 東京都中央区八丁堀1-4-8 森田ビルB1
TEL 03-6228-3898
営業時間 11:00-15:00、17:00-23:00(LO22:30)、土17:00-23:00(LO22:30)
定休日
公式サイト http://alohiddin.web.fc2.com

大きな地図で見る

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有しています。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」


← |  →

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索

  • 東京圏の各国料理店ファン・コミュニティ


    Google+のコミュニティgoogleプラス
  • メールフォーム
  • RSS フェイスブック ツイッター