e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » オセアニア料理レシピ » パブロワ|ニュージーランド料理

パブロワ|ニュージーランド料理


フルーツ&メレンゲの焼き菓子

正確には料理ではなく、お菓子。オーストラリアやニュージーランドはヨーロッパ諸国などに比べると新しい国なので、土地ならではの伝統食があまり多くないのですが、パブロワはニュージーランドの数少ないオリジナルのスイーツです。

パブロワは、ロシアの世界的バレリーナ、アンナ・パブロワが、1926年にオーストラリアとニュージーランドを公演したときに考案されたといわれる、フルーツを乗せたメレンゲの焼き菓子。オーストラリアとニュージーランドがどちらが考案したのか争っているそうで、以前、e-food.jpで”オーストラリアのお菓子”としてレシピを紹介したことがありました。

今回は、ニュージーランドで一番有名なフルーツ”キウイ”をトッピングした、ニュージーランド・バージョンのパブロワのレシピをお届けしましょう(といっても、作り方はほとんどオーストラリア・バージョンと一緒なのですが…(笑)。

焼いたメレンゲはカロリーが低いのにカサがありますから、ダイエットされている方のおやつにもおすすめです。その上パブロワは、真っ白な上に飾りのフルーツがきれいで見栄えがするので、食卓に並べばテンションが上がりますし、お客様のもてなしや、お誕生日・クリスマスケーキ代わりにぴったり。作った人のお株が上がること請け合いですよ!

フルーツは季節によりお好みで、右写真よりもっとたくさん乗せてもよいと思います。

ニュージーランド料理について詳細

ニュージーランド版パブロワ Pavlova レシピ

材料

  • 卵白 たまご4個分
  • 砂糖 大さじ3~4
  • コーンスターチ 小さじ1
  • ホワイトビネガー 小さじ1
  • キウイ 1個 皮をむいて輪切りにし、さらに適当にカット
  • いちご 6個
  • ブルーベリー 6粒
  • 生クリーム 1パック
  • バニラエッセンス 少々
  • 人数: 4
  • 難易度: 普通

作り方

1.オープンを180度に予熱する。
2.ボウルに卵白を入れ、泡だて器でつのが立つ程度に泡立てる。砂糖を少しずつ加えて、固めのメレンゲを作る。
3.2にホワイトビネガーとコーンスターチ、バニラエッセンスを加えて、ヘラでざっくりと混ぜる。
4.オーブンの天板にクッキングシートを敷き、3のメレンゲを直径20cmくらいになるように、円形のケーキ状に形づくる。
5.4を150度のオーブンで10分焼き、さらに130度ほどの低温に落として、1時間20分ほど焼き、そのままオーブンの中で冷ます。
6.生クリームを少し固めに泡立てて、5の中央に入れる。その上に、キウイ、いちご、ブルーベリーを飾って、できあがり。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。


サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム