e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » オセアニア料理レシピ » カラ|ソロモン諸島料理

カラ|ソロモン諸島料理


コンビーフ缶を使った蒸し料理

ニューギニア島の東にあり、1978年にイギリスから独立したソロモン諸島。カラは、キャッサバやココナツミルクといった現地の食材と、イギリス海軍の食糧でもあったコンビーフの缶詰を一緒に使った、文化のミックスした料理といえそうです。

アメリカ軍の食糧だったSPAMなどのポークランチョンミートが、ゴーヤーチャンプルーの具など現在の沖縄料理の食材としてもポピュラーなのに、ちょっと似ているかも。コンビーフとココナツミルクの組み合わせというのは、いかにも南太平洋らしいですね。お味の方は…まずは作って食べてみてください(笑)。

キャッサバは、日本の輸入食材店などでもブラジル製などの冷凍品が手に入ることがあります。なければじゃがいも、さつまいもで代用してみてください。バナナの葉は東京ではアメ横のアジア食材店などで売っていますが、なければアルミホイルを。

ソロモン諸島料理について詳細

カラ Kara レシピ

材料

  • キャッサバ 400g さつまいも、じゃがいもで代用可。皮をむきすりおろして水気を切っておく
  • コンビーフ缶詰 1缶
  • ココナッツミルク 400ml 事前に熱して少し煮詰めておく
  • バナナの葉 適量 よく洗い、水気を取っておく
  • 人数: 4
  • 難易度: 簡単

作り方

1.バナナの葉の上にココナッツミルクを全体にかけ、その上にすりおろしたキャッサバの半分の分量を広げる。
2.1の上に再びココナッツミルクをかけ、その上にコンビーフを広げ、さらにココナッツミルク、残りのキャッサバを広げる。
3.2を包んで、麻ひもまたは楊枝で止め、20分ほど蒸し器にかける。
4.3を取り出し、お皿に盛ってできあがり。

author


このページのレシピ・料理写真の著作権はe-food.jpが所有しています(e-food.jpのオリジナル・レシピです)。無断転載・転用は禁止します。レシピは、一般の方が家庭で楽しんでいただくために公開しています。レストランのメニューに流用、料理教室に使用するなど、営利目的による無断使用は固く禁じます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター