e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » アラブ中東料理レシピ » イスケンデルケバブ|トルコ料理

イスケンデルケバブ|トルコ料理


トルコらしいヨーグルト&ケバブ料理

かつて広大な領土を誇ったオスマントルコの宮廷料理の流れから、現在では世界三大料理のひとつともいわれるトルコ料理。イスケンデルケバブは、ケバブとヨーグルト、トマトソースなどトルコらしい食材を使った料理のひとつです。

イスケンデルケバブはトルコ北西部のオスマントルコ帝国の首都だったこともあるブルサの名物で、19世紀末に発明者のイスケンデル(=Alexanderの意味)・エフェンディ氏の名前に由来した料理。下地にパンのかけらを使うので、家庭でも作りやすい上、この料理だけでおいしい食事にもなります。

ちなみにイスケンデルケバブの写真の後ろにあるのは、トマトやきゅうりなどをオリーブオイル、レモン汁、塩で味付けしたこれもトルコ名物のチョバンサラダ(羊飼いのサラダ)。付け合せにぜひどうぞ。

以下はトルコの古都ブルサのイスケンデルケバブの発祥店「イスケンデル」の作り方動画です。参考になさってみてください。

トルコ料理について詳細

イスケンデルケバブ Iskender Kebab レシピ 4人分
【材料】
羊ラム肉 400g 牛肉でもよい。角切り
たまねぎ 2個 すりおろして、絞る(汁の方を使用)
トマト缶 200g
ヨーグルト 1カップ キッチンペーパーで濾して水気を取っておく
にんにく 2かけ つぶす
バター 大さじ1 溶かしておく
とうがらし粉 小さじ1/2
パン 1個 ピタパン、またはフランスパン。角切りにして軽くトーストしておく
オリーブ油 適量
塩 少々
こしょう 少々
カイエンペッパー ひとつまみ 飾り用

【作り方】
1.ボウルにたまねぎの汁、オリーブ油、こしょう、塩を入れて混ぜ、ラム肉を加えて1日漬けこんでおく。
2.1の肉を15分グリルして置いておく。
3.トマトソースを作る。鍋にトマト缶、とうがらし粉、塩、オリーブ油を少々入れてトマトの形がなくなるまで木べらで混ぜながら15分ほど煮詰める。
4.ヨーグルトソースを作る。ボウルにヨーグルト、つぶしたにんにく、塩を入れて混ぜる。
5.耐熱皿の底にパンをしき、羊肉、トマトソース、ヨーグルトソースの順に重ねていく。
6.4を190度に熱したオーブンで5分焼く。
7.6をオーブンから取り出し、カイエンペッパーとバターを飾りにふりかけて、できあがり。


【ご注意】上記レシピとyoutubeの参照動画に登場するレシピは、材料や手順が違うことがあります。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。
プロフィール詳細

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

サイトに掲載しているレシピはストックの一部です。膨大なレシピがありますのでお問合せください。

詳細→利用規約「レシピについて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム


アーカイブ

e-food.jpリンク集