e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » アラブ中東料理レシピ » ファラフェル|イスラエル料理

ファラフェル|イスラエル料理


古代から愛されてきた料理

古代より、イスラエルをはじめ中東の地で愛されてきたファラフェル。ピタパンのサンドウィッチの具としていただくのがポピュラーです。

ファラフェルは、そら豆で同様に作るエジプト料理のターメイヤから派生して、イスラエルではそら豆中毒が起きたため、ひよこ豆で作られるようになったという説があるそうです(詳しくは目黒のイスラエル料理レストラン「ピンク・カミラ」のリポートを)。

ちょっと作るのに手間はかかりますが、家でアツアツの揚げたてファラフェルをいただくのは格別ですよ!

イスラエル料理について詳細

ファラフェル Falafel レシピ

材料

  • ひよこ豆 250g すでに豆をゆでた缶詰ではなく、必ず乾燥豆を使用(でないと、揚げるときに崩れてしまいます)
  • たまねぎ 1個
  • にんにく 2個
  • パセリの葉 1束分(コリアンダーの葉でもよい)包丁で細かく刻む
  • カイエンペッパー 小さじ1/2
  • クミン 小さじ1/2 粉状のもの
  • ベーキングパウダー 大さじ半
  • ベーキングソーダ 大さじ半
  • 塩 適量
  • こしょう 適量
  • サラダ油 適量 揚げ物用
  • タヒニソース(白ごまペースト)適量
  • 人数: 4
  • 難易度: 普通

作り方

1.ひよこ豆を洗い、大きめの鍋にひよこ豆と、多めの水を入れて一晩ふやかしておく。
2.1のひよこ豆の水を切り、適当にカットしたたまねぎ、にんにく、こしょうとともにフードプロセッサーにかけ、ペースト状にする。
3.2をボウルに入れ、細かく刻んだパセリの葉(またはコリアンダーの葉)、カイエンペッパー、クミン、塩、こしょう、ベーキングパウダーを加えてよく混ぜる。
4.3にぬれたキッチンペーパーをかぶせ、30分ほど寝かしておく。
5.天ぷら鍋または中華鍋に油を入れて熱しておく。
6.4にベーキングソーダを混ぜ入れ、小さなボール状に形作って、5の鍋の油できつね色になるまで揚げる。
7.6が揚げ終わったら油を切ってできあがり。タヒニソースをかけてそのままいただくか、野菜と一緒にピタパンにはさんで、タヒニソースをかけていただく。

author


このページのレシピ・料理写真の著作権はe-food.jpが所有しています(e-food.jpのオリジナル・レシピです)。無断転載・転用は禁止します。レシピは、一般の方が家庭で楽しんでいただくために公開しています。レストランのメニューに流用、料理教室に使用するなど、営利目的による無断使用は固く禁じます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター