e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » 古代料理 » 古代インダス・カレー

古代インダス・カレー


インダス・カレー(レバーのターメリック煮)
インド・カレーの先祖ともいえる素朴な古代カレー
インダス・カレー【材料】 4人前
たまねぎ   小1個
にんにく   1かけ
ターメリック 20g
レバー    300g
バター    適量
塩      適量
黒こしょう  適量
小麦粉    適量
生クリーム(飾り用) 少々

【作り方】
1. レバーを水につけて2時間ほど血抜きをし、牛乳につけて臭みを取る。ひと口大に切って水気を取り、塩、こしょう、小麦粉をまぶして、フライパンで油とバターできつね色になるまで両面を焼く。

2. 別のフライパンにたまねぎのみじん切り、にんにくをバターでよく炒め、ターメリックをからめる。

3. 鍋を用意し、レバーの油を切って入れ、2とひたひたの水を加えて弱火で水気がなくなるまで約2時間、コトコト煮る。

4. お皿に盛って、飾り用の生クリームをかけて出来上がり。


●メモ:
とうがらし(チリ)の原産地はマヤ・アステカ、インカ文明が栄えた中南米の高地。15世紀にコロンブスの新大陸発見の際にヨーロッパにもたらされ、世界中に広がりました。今日のインド・カレーにとうがらしは欠かせませんが、15世紀以前のインド・パキスタン文明、またインダス文明の時代には、とうがらし抜きのカレーのような食べ物が存在しました。スパイスはターメリックと黒こしょうだけ。素朴な古代カレーに歴史への思いをはせてみませんか。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。


サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター