e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » ヨーロッパ料理レシピ » 東欧料理レシピ » ペリメニ|ロシア料理

ペリメニ|ロシア料理


ロシアのひき肉ダンプリング

世界一の国土面積を持ち、人口は少ないながら、東は極東から西はヨーロッパまで、さまざまな文化背景を擁する国ロシア。料理は、さらに国土が広かったソ連時代に吸収したコーカサスや中央アジアなどの影響を含め、バラエティ豊かです。

一説によると、中国の餃子がモンゴル経由でシベリアに伝わり、ロシア全域に広まったというペリメニは、東洋的な姿形に、サワークリームやバターなど西洋の食材を使った、まさにロシアのユーラシア大陸を横断したような料理。

ペリメニは、本来は小麦粉で1から皮を作るのですが、日本には餃子の皮という便利なものが市販されているので、これを利用してラクしてしまいましょう。包み方は、通常の餃子のようにフチにギャザーを入れた後、最後に両端をつまんでくっつけ、丸くなるようにします。

なお、ポーランドのピエロギなど、東欧にも似たようなダンプリング=餃子風の料理があります。イタリアのラビオリにも似ていますが、あちらは皮の2枚合わせで、ラビオリが中国から伝わったかどうかは定かではないようです。

ロシア料理について詳細

ペリメニ Pelmeni レシピ

材料

  • 牛肉 250g ひき肉
  • 豚肉 250g ひき肉
  • たまねぎ 1個 みじん切り
  • 固形のビーフスープの素 1個
  • 餃子の皮 1袋 大判のもの
  • 塩 少々
  • サワークリーム 適量 トッピング用。バター、または両方かけてもよい
  • ディルまたはパセリ 少々 トッピング用
  • 人数: 4
  • 難易度: 普通

作り方

1.ボウルに牛ひき肉、豚ひき肉、たまねぎ、塩を入れてよく混ぜこねる(やりにくい場合はフードプロセッサーを使用してもよい)
2.餃子の皮に1の具を包んでいく。餃子の皮を半分に折って、大さじ1弱程度の具を詰め、ギャザーを作りながら水でフチをとめて、最後に両端をくっつけて丸くなるように包む。
3.大きめの鍋にお湯をわかし、牛肉スープの素を溶かす(塩でもよい)。
4.3の中に2をくっつかないように入れて、火が通るまで10~15分ほどゆでる。
5.4をお皿に盛り、サワークリームと、ディルまたはパセリをトッピングして、できあがり。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。レシピ、写真の商用利用は販売しております。

詳細→利用規約「レシピについて」


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター