e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » ヨーロッパ料理レシピ » 東欧料理レシピ » ハチャプリ|ジョージア(グルジア)料理

ハチャプリ|ジョージア(グルジア)料理


白チーズ入りの微発酵パン

コーカサスの長寿の国として知られ、洗練されたおいしい料理がたくさんあるジョージア。アジア的な東側と、ヨーロッパ的な西側で文化に違いがあり、民族の十字路としてエキゾチックな魅力を放つ国です。

ハチャプリは、微発酵のパン生地に塩気のある白チーズをはさんで焼いた、ジョージアを代表する食べ物。ここでは、モッツァレラとフェタチーズを混ぜて、ジョージアのチーズに近づけてみました。

微発酵の味わいが何ともいえず、個人的にも大好物です。そういえば以前、ニューヨークのブライトンビーチ(旧ソ連からの移民が多い)行きの地下鉄の中で、あちらのフードライターさんとハチャプリの話をしていたら、突然、隣の女性が「どうしてハチャプリのことを知っているの?」とうれしそうに話しかけてきて、驚いたことがありました。

ニューヨークでも一般的にはメジャーな食べ物ではないのでしょう。実は彼女はジョージア出身で、ハチャプリがジョージアで国民食のように愛されているのがうかがえたエピソードでした。

さて以下は、youtubeに投稿されたハチャプリの作り方。ロシア語ですが、作り方の手順はわかると思いますので、参考になさってくださいね。

ジョージア料理について詳細

ハチャプリ Khachapuri レシピ

材料

  • 小麦粉 3カップ 
  • ドライイースト 2パック (小さじ2程度)
  • 牛乳 1カップ
  • 砂糖 小さじ1/2と、大さじ1
  • 無塩バター 100g 室温で溶かしておく
  • モッツァレラチーズ 100g
  • フェタチーズ 300g
  • たまご 1個
  • 人数: 4
  • 難易度: 難関

作り方

1.45度くらいにぬるく温めた牛乳をカップ半と砂糖小さじ1/2を入れ、ドライイーストをふりかけて10分ほど置いておく。その後残りの牛乳を加える。
2.ボウルに小麦粉を入れ、真ん中にくぼみをつける。1のドライイーストと残りの砂糖大さじ1、バターを加え木べらでよくこねる。
3.大きめのまな板の上に打ち粉をし、2を移して10分ほどさらによくこねる。タネがくっつかないように手にも小麦粉をつける。
4.3に粘り気がなくなってきたら、バターを薄く塗ったボウルに移して丸め、ぬれタオルをかぶせて1時間(冬は1時間半)ほど常温で発酵させる。
5.モッツァレラチーズとフェタチーズをチーズおろし等でおろす(フードプロセッサーを使ってもよい)。
6.5のチーズをボウルに入れ、たまごを加えて泡だて器でよく混ぜる(泡は立てない)。
7.3を再びまな板の上に乗せて空気を抜いて丸め、麺棒で直径20cmくらいになるまでのばす。中央にチーズを乗せて、ねたで包み込んでサンドした状態で、再び丸くのばす。
8.7を薄くバターを塗ったフライパンに乗せて、フライパンを動かしながら焼く。少し色づいてきたらひっくり返してもう片面も焼く。
9.8を包丁で切り分け、お皿に盛ってできあがり。

8の工程をオーブンで作ることも可能。200度で15分。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。レシピ、写真の商用利用は販売しております。

詳細→利用規約「レシピについて」


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター