e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » ヨーロッパ料理レシピ » 西欧料理レシピ » フィッシュアンドチップス|イギリス料理

フィッシュアンドチップス|イギリス料理


イギリスのパブ・メニューの定番

いわずと知れた、もっとも有名なイギリス料理のひとつ。パブ・メニューの定番でもあります。

イギリスとフランスを隔てるドーバー海峡は、ヒラメ(ドーバーソール=舌平目)の特産地。これがフランス側で獲れると美味なる舌平目のムニエルに調理されるが、イギリス側に行くとポテトを付け合せたべっとり脂っこいただの魚の揚げ物に…。

と、これは、美食の国フランスと、料理がまずいと再三いわれてきたイギリスを対比したヨーロッパのエスニック・ジョーク。でも、どうしてどうして、ただの魚の揚げ物も、ちょっとしたコツで、なかなかおいしく食べられると思います。

それは、衣にビールと、揚げる直前に泡立てた卵白を加えること。こうすることで衣の中がフワフワ、外側がカリっとしておいしくなります。

あとは揚げ物の油をしっかり吸い取ること。ぜひお試しを。

イギリス料理について詳細

フィッシュアンドチップス Fish and Chips レシピ 4人分

【材料】
白身魚 800g カレイ、ヒラメ、タラなどの切り身。皮をはいでおく
小麦粉 1カップ
ビール 大さじ2
たまご 1個 卵黄と卵白に分けておく
牛乳 大さじ3 大さじ3の水で薄めておく
じゃがいも 800g 1.5cm角に細切りする
グリンピース 適量 冷凍または缶詰のものでよい。冷凍は解凍して、温めておく
レモン 1個 カットする
塩 少々
こしょう 少々
ケチャップ 適量
モルトビネガー 適量
タルタルソース 適量 マヨネーズでもよい
サラダ油 適量

【作り方】

1.フライドポテトを作る。天ぷら鍋に油を入れて190度くらいまで熱し、細切りしたじゃがいもをきつね色になるまで揚げる。揚げたじゃがいもの油をよく切っておく。油を減らしたい方はオーブンにじゃがいもを並べ、表面にはけでうすく油を塗って180度で15~20分ほどこんがり焼けるまで焼く。食べる直前にレンジで温める。
2.魚の衣を作る。ボウルに小麦粉を入れ、真ん中にくぼみを作って卵黄とビール、塩、こしょうを加えて、牛乳を少しずつ加えながらよく混ぜる。
3.2を30分ほどねかしておく。別のボウルで卵白を角が立つくらいに泡立て、魚を揚げる寸前に小麦粉の衣の中に卵白を入れてさっくり混ぜる。
4.天ぷら鍋に油を熱する。魚の切り身の水気をよくふき、3の衣をまぶす。
5.4の魚をきつね色になるまで5分ほどはしでひっくり返しながら揚げる。
6.お皿またはかごに5の魚のフライを乗せ、フライドポテト、グリンピースを飾る。
7.カットしたレモンと、塩(足りない場合)、モルトビネガー、ケチャップ、タルタルソース(またはマヨネーズ)などお好みのディップを添えて、できあがり。


【ご注意】上記レシピとyoutubeの参照動画に登場するレシピは、材料や手順が違うことがあります。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。
プロフィール詳細

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

サイトに掲載しているレシピはストックの一部です。膨大なレシピがありますのでお問合せください。

詳細→利用規約「レシピについて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム


アーカイブ

e-food.jpリンク集