e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » ヨーロッパ料理レシピ » 西欧料理レシピ » フォンデュ|スイス料理

フォンデュ|スイス料理


スイスを代表するチーズ料理

国土の約70%がアルプスの山岳地帯であることから、酪農を主な産業として、厳しい冬の寒さを乗り切る重要なエネルギー源としてチーズの生産が発達したスイス。鍋にチーズを溶かしてパンなどをつけて食べるフォンデュは、おいしく体もホカホカと温まる、スイスを代表する料理です。

単にフォンデュといえば通常チーズフォンデュを指しますが、ほかに熱い油、スープ、チョコレートなどにパンを浸して食べるフォンデュもあります。

フォンデュに使われるのは、芳醇な風味のスイス産グリュイエール・チーズと、エメンタール・チーズ。一般的には、専用の鍋(カケロンと呼ばれる)に辛口の薄い白ワインとキルシュというさくらんぼのお酒、レモン、にんにくを入れ、これら2種類のチーズを削り入れて作ります。

パンのほか、じゃがいもや野菜をチーズに付けていただくことも。なお、フォンデュを食べる際にアルコール分がなかなか飛ばないこともありますので、お酒に弱い方はご注意ください。

以下はスイスでのフォンデュの作り方動画です。参考になさってみてください。

スイス料理について詳細

フォンデュ Fondue  レシピ 4人分
【材料】
チーズ 400g スイスのエメンタールチーズとグリュイエールチーズをおろし、半々ずつ混ぜて使うのがよい
白ワイン 250ml シャルドネなど薄い辛口ワインがよい。スイス産ワインがあれば最高
キルシュ 大さじ1 香りづけ用のチェリーの蒸留酒。ない場合は入れなくてよい
にんにく 1かけ 縦切り
コーンスターチ 小さじ1
レモンジュース 小さじ1
黒こしょう 少々 ひいたもの
ナツメグ 少々 ひいたもの
パン 適量 一口大の角切りに。バゲットなど固いパンがよい。ゆでたじゃがいもなどでも

【作り方】

1.鍋の内側ににんにくの表面をこすりつけ、白ワインを入れて弱火で温め、おろしたチーズを少しずつ入れていき、木べらでゆっくりぐるぐる混ぜていく(沸騰させないように注意。お酒の弱い人はワインを少なめに)。
2.小皿にコーンスターチを入れてキルシュで溶かし、1に少しずつ混ぜ入れる。
3.2に黒こしょう、ナツメグ粉をふりかけて、できあがり。
4.3に金属の棒に刺したパンやじゃがいもをつけていただく。


【ご注意】上記レシピとyoutubeの参照動画に登場するレシピは、材料や手順が違うことがあります。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。
プロフィール詳細

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

サイトに掲載しているレシピはストックの一部です。膨大なレシピがありますのでお問合せください。

詳細→利用規約「レシピについて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム


アーカイブ

e-food.jpリンク集