e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » ヨーロッパ料理レシピ » 東欧料理レシピ » ビーフストロガノフ|ロシア料理

ビーフストロガノフ|ロシア料理


ビーフストロガノフ

欧米でもポピュラーな料理

19世紀にロシアで誕生したといわれるビーフストロガノフ(ロシア語ではБефстроганов=Befstróganov)は、ペリメニやピロシキなどと並んで、今では世界中でよく知られたロシア料理のひとつです。

名前の由来には諸説があり、単純ですが(笑)、オデッサに住んでいたロシア財閥のストロガノフ一族で誕生したからとか、外交官だったストロガノフ伯爵が発明したからといった説が有力なよう。

なぜビーフがロシア語でないかというと、どちらかのストロガノフ家のフランス料理人が作ったから。ビーフではなく、もともとはフランス語で牛肉を意味する”ブフ”で、フランスではフランス料理としても認識されているそうです(ただしフランスでは後出のサワークリームではなく、生クリームを使います)。

ビーフという英語名が有名なことから察せられるように、イギリスやアメリカでもポピュラーな料理です。ビーフストロガノフはご飯にかけるほか、パスタにかけて食べるスタイルもあります(右写真)。

牛肉にからめるクリームは、あちらでは通常は高カロリーなサワークリーム(スメターナ)を使うのですが、ここでは、水を切ったヨーグルトで代用した、ヘルシーなレシピを紹介します。

水を切ったヨーグルトを使うときの注意点は、あまり熱すると分離してしまうこと。ですので、ヨーグルトは最後の方に加えてくださいね。

ロシア料理について詳細

ビーフストロガノフ Beef Stroganoff レシピ

材料

  • 牛肉 400g 薄切りでも角切りでもよい
  • たまねぎ 半個 角切り
  • マッシュルーム 200g ホワイトマッシュルームがよい。スライス
  • ビーフコンソメの素 1個
  • 小麦粉 大さじ2
  • 無塩バター 大さじ1
  • ヨーグルト 70g キッチンペーパーなどで水気をよく切っておく。本来はサワークリームを使用
  • 生クリーム 少々 お好みで
  • 粒マスタード 小さじ1
  • 塩 少々
  • こしょう 少々
  • ゆでたパスタまたはごはん 適量
  • パセリ 少々 みじん切り
  • ディル 少々 みじん切り
  • じゃがいも 2個 皮をむいてゆでる(マッシュポテトにしてもよい)
  • 人数: 4
  • 難易度: 普通

作り方

1.フライパンに油なしで牛肉の表面を焼いておく。
2.同じフライパンにバターをしき、たまねぎを透き通るまで炒める。
3.2にマッシュルームを入れて、20分ほど弱火で炒める。
4.3に小麦粉を入れマッシュルームにまぶすように1分ほど炒める。
5.4に粒マスタード、ビーフコンソメの素を混ぜ入れる。
6.5に牛肉を入れ、続いてヨーグルト、生クリーム(お好みで)を加えた後、塩、こしょうで味を調える。
7.お皿にごはん(またはパスタ)を盛り、6を上からかけて、ディルを飾ってできあがり。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。


サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム