e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » アジア料理レシピ » 東南アジア料理レシピ » サテ|インドネシア料理

サテ|インドネシア料理


インドネシア料理

インドネシアの串焼き肉

インドネシア料理といえば、ナシゴレンにミーゴレン、そしてこのサテ。しかし大小数え切れないくらいの島々から構成された国インドネシアのことですから、ひとことでサテ(串焼き肉)といっても、島によっていろいろな地方色があります。

今回紹介するのは、ジャワ島の隣の島、マドゥラ島の仔羊肉(ラム)のサテ(本来はやぎ肉)。数あるインドネシアのサテの中でも、サテ・アヤム(鶏肉のサテ)やサテ・リリット(つくね風のサテ)などと並んでポピュラーです。

何といっても、よくあるピーナッツソースを使ったサテとは違って、しょうゆベースなので、日本人にもなじみのある味で、おいしく食べやすいと思います。

インドネシア料理について詳細

サテ・マドゥラ Satay Madura レシピ

材料

  • 羊ラム肉 500g 2cm程度の角切り
  • しょうゆ 大さじ5
  • 砂糖 小さじ1
  • ライム 1個 小さじ1をジュースに、残りはあとでカットして飾りに
  • エシャロット 2本 薄切り
  • コリアンダーシード 小さじ1/4
  • 白こしょう 少々 挽いたもの
  • 人数: 4
  • 難易度: 簡単

作り方

1.バットにエシャロット以外の材料を入れ、よく混ぜる。
2・竹串にラム肉を焼き鳥の要領で刺していく。
3.2を1に漬け、15分以上置いておく。
4・3をグリルで15分ほど焼く。
5.2の残りのたれにエシャロットの薄切りを混ぜ小皿に入れ、4と切ったライムとともにお皿に乗せてできあがり。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでの料理人、料理講師として活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※記事の文章・写真の著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。またレシピは家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レストランなど商用での使用はしないでください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター