e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » アジア料理レシピ » 南アジア料理レシピ » パラクパニール|インド料理

パラクパニール|インド料理


ほうれん草&カッテージチーズのカレー

広大な国土と人口、そして多様な宗教、民族、文化を擁する国インド。そんなインドの料理をひとくくりにするのは困難なのですが、ここでは、野菜(ほうれん草)とチーズのみを使った北インドのカレー、パラクパニールの作り方をご紹介します。

パラクパニールは”サグパニール”ということも。北インドの料理はありますが、栄養のバランスがよく、宗教上等の理由から肉を食べられない人でも幅広く食べることができる万能料理といえるかも。

調理では、ほうれん草の緑色の鮮やかさを出すことが、おいしく見えるコツでしょうか。カッテージチーズとの相性も抜群です。

インド料理について詳細

パラクパニール Saag Paneer レシピ

【材料】 (4人分)
ほうれん草 2わ 根をカットして、ざく切り たまねぎ 1個 みじん切り にんにく 1かけ みじん切り しょうが 小さじ1/2 すりおろす ヨーグルト 大さじ4 クミン 大さじ1 種を使う ターメリック 小さじ1 ガラムマサラ 大さじ1 とうがらし粉 大さじ1 重層 小さじ1 水 適量 牛乳 1リットル 酢 50cc バター 適量 塩 少々


【作り方】

1.パニール(チーズ)を作る。鍋に牛乳を入れて中火で熱し、沸騰したら酢を入れる。かき混ぜていると上にチーズが浮かんでくるので、味噌漉しなどですくい、キッチンペーパーやふきんなどに包んで水気を切る。四角い容器に入れて重石をし、30分置いて、角切りに。
2.お好みでフライパンにバターをしき、1の表面を軽く焼いておく。
3.鍋に水と重層を入れてわかし、ほうれん草をさっとゆでる。
4.1と水少々をフードプロセッサーに入れて、ペースト状にする。
5.鍋にバターをしき、クミンを入れて香りを出す。
6.5にたまねぎ、にんにくを加え、きつね色になるまで弱火で20分ほど炒める。
7.6にヨーグルトを入れてかき混ぜながら少し煮込む。
8.7にガラムマサラ、ターメリック、とうがらし、塩を加えて混ぜる。
9.8にペースト状のほうれん草を加えて混ぜ合わせ、必要なら塩を加えて味を調える。
10.9にチーズを加えて、3分ほど煮立てる。
11.10をお皿に盛り、針状に切ったしょうがを飾って、できあがり。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。
プロフィール詳細

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。


サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム


アーカイブ

e-food.jpリンク集