e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » アジア料理レシピ » 東南アジア料理レシピ » モヒンガー|ビルマ料理

モヒンガー|ビルマ料理


ビルマ料理

朝食の定番・白身魚入りの汁麺

民主化が実現したアウン・サン・スーチーさんの国でもあるビルマ(ミャンマー)の国民食といえば、これ。朝食の定番でもある、白身魚入り汁麺のモヒンガーです。

魚は現地ではナマズを使うことがありますが、日本でも手に入りやすいサバで作ってみました。具のひよこ豆のかき揚げ(ページョー)を作るのがちょっと面倒なのですが、これを入れるとぐっと現地っぽくなりますよ。

※写真の国旗は2010年10月21日以前のものです。後日差し替えます。

ビルマ(ミャンマー)料理について詳細

モヒンガー Mohinga レシピ

【材料】 (4人分)
米麺 4束 なければ乾燥きしめんなどで代用 サバ 2切れ ナンプラー 大さじ4+大さじ2 きな粉 大さじ半 冷水少々を混ぜてペースト状にしておく 上新粉 大さじ2 大さじ1の冷水を混ぜてペースト状にしておく ターメリック 小さじ1 粉状のもの たまねぎ 半個 みじん切り しょうが 1かけ つぶす にんにく 2かけ つぶす とうがらし粉 少々 少し粗めのフレークがよい レモングラス 2本 みじん切り 塩 少々 こしょう 少々 ねぎ 1本 トッピング。刻んでおく。 たまご 2個 トッピング。固ゆでたまごを作り、縦切りしておく ひよこ豆 1缶 ゆでてあるもの。お好みで。天ぷらの衣をつけて揚げ、かき揚げを作っておく 香菜 少々 みじん切り ピーナッツ油 適量 サラダ油 適量 水 適量 レモン 1個 絞り汁をお好みでトッピング


【作り方】

1.鍋にサバを入れ、ナンプラー大さじ2と水少々を加えてふたをし、30分ほど煮ておく。
2.中華鍋にピーナッツ油をしき、しょうが、にんにく、レモングラスを入れて炒め、ターメリック、とうがらし粉を加えてよく混ぜる。
3.2にたまねぎをを加えて3分ほど炒めて香り立たせ、水、水で溶いたきな粉、上新粉を加えて20分ほど中火で煮る。
4.3にナンプラーで煮たサバを加え、ほぐしながらさらに煮て、ナンプラー、塩、こしょうで調味する。
5.米麺を普通にゆでる。
6.どんぶりに米麺を分け入れ、4のスープをかける。ゆでたまご、お好みでひよこ豆のかき揚げ(ページョー)、香菜、ねぎ、とうがらし粉、レモン汁をかけて、できあがり。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。


サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム


アーカイブ

e-food.jpリンク集