e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » アジア料理レシピ » 中央アジア料理レシピ » ラグマン|ウイグル料理

ラグマン|ウイグル料理


中央アジアならではの麺料理

中国の西端にある新疆ウイグル自治区は、中央アジアのウズベキスタンやカザフスタンど同様テュルク(トルコ)系のウィグル族の多く住む地域。文化や料理にも中央アジア諸国と類似点がたくさん見られます。

たとえば、シルクロード=麺ロードであることをそのまま物語っている中央アジアの代表料理ラグマン(ラグメン)は、ウイグルでもポピュラーな存在。ただし、中国の影響があるのか、味付けや具が微妙に違います。羊肉とクミンを使うことは共通していますが、日本人には、しょうが風味など中華料理の要素がほんのり加わったウイグルのラグマンの方が、おいしく感じるかも。

ラグマンについて詳しくは、各地を食べ歩いたリポートをご覧ください。

ウイグルでは、麺は家庭で作るときも手延べ麺を使うよう。もちろん手延べ麺を使った方がずっとおいしいのですが、かなりの技が必要ですので、以下のレシピでは市販のうどんを使っています。

ちなみに、手延べ麺作りのパフォーマンスは、東京や埼玉、大阪にあるウイグル料理店の店先などで見ることができますよ。

ラグマン Lagman レシピ

【材料】 (4人分)
うどん 400g 生麺でも乾麺でもよい。ゆでておく 羊ラム肉 300g 角切り トマト 2個 角切り たまねぎ 1個 1cmくらいにカット なす 2本 角切り いんげん 12本 半分にカット 万能ねぎ 2本 飾り用。」5~6cmにカット 鶏がらスープの素 1個 クミン 小さじ1 粉状のもの しょうが 少々 すりおろす 黒こしょう 少々 塩 少々 サラダ油 適量 ※具の野菜はお好みで。他にきくらげやにらを使うことも。


【作り方】

1.中華鍋にサラダ油をしき、ラム肉、トマト、たまねぎ、いんげん、なすを入れて強火で炒める。
2.1に鶏がらスープの素、クミン、しょうが、黒こしょう、塩を入れてよく混ぜる。
3.ゆでた麺をお皿に盛り、2を別な皿にを盛って、できあがり。食べる直前に麺に2をかけていただく。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。
プロフィール詳細

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。


サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム


アーカイブ

e-food.jpリンク集