e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » アジア料理レシピ » 南アジア料理レシピ » ケワダツィ|ブータン料理

ケワダツィ|ブータン料理


とうがらしとチーズの煮込み

2011年に国王夫妻が来日し、「GNH=国民総幸福量」を提唱する国として日本人に深い印象を与えたヒマラヤの王国ブータン。どこか日本人に似た風貌の人々に親しみを持った方も多いと思います。

標高の高いブータンでは、体を温めるために、とうがらしを多用した料理がポピュラー。誰が言ったか「世界一辛い料理」と称されることも。このケワ・ダツィ(とうがらしとチーズの煮込み)も、シンプルな調理法ながら、そんなブータンらしい料理のひとつといえそうです。

ブータン料理について詳細

ケワダツィ Kewa Datshi レシピ

材料

  • とうがらし(鷹の爪、生の青とうがらしでもよい)4~5本 縦に切り、種を取っておく。
  • じゃがいも(メークインがよい)3個 皮をむいて5~6mmの輪切りに
  • たまねぎ 小1個 薄切り
  • にんにく 1かけ 薄切り
  • トマト 小1個 薄切り
  • チーズ(ゴーダやチェダーのようなナチュラルチーズ、もしくはとろけるスライスチーズ)40g 薄くスライス
  • クリームチーズ(またはモッツァレラチーズやカッテージチーズ、フェタチーズ等の白チーズ) 40g ちぎっておく
  • (チーズはなければどちらか1種類でもよい)
  • バター 小さじ1
  • 塩 小さじ半
  • 水 適量
  • 人数: 4
  • 難易度: 普通

作り方

1.鍋にじゃがいも、たまねぎ、トマト、ひたひたの水を入れて強火で15分ほど熱する 。
2.1が煮立ってじゃがいもが少しやわらかくなってきたら火を弱めて、バター、塩を加え、さらに2種のチーズ、とうがらしをちりばめ、ふたをして熱する。
3.2のふたを開け、木べらでざっくりかき混ぜて、チーズを全体にまんべんなくからめる。
4.3をお椀に盛って、できあがり。ごはん(現地では赤米)と一緒にいただく。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでの料理人、料理講師として活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※記事の文章・写真の著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用はしないでください。またレシピは家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レストランなど商用での使用はしないでください。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター