e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » アジア料理レシピ » 東アジア料理レシピ » カリークラブ(咖喱蟹)|マカオ料理

カリークラブ(咖喱蟹)|マカオ料理


インド由来の蟹のカレー炒め

1999年にポルトガルから中国に返還されて以来、ラスベガスのようなカジノとアミューズメントの街として変貌を遂げたマカオ。一方で、市内には、今も19世紀末から続いたポルトガル植民地時代の街並みが残っています。

大航海時代にポルトガル人の航海の終着点のひとつだったマカオの料理には、彼らの寄港地だったアフリカや、インドのゴアの影響が。そして強火でががっと炒めるところなど、ちょっぴりの中国テイスト。

イギリス領だった香港が中国人による広東料理の中心地として発展して、アフタヌーンティーくらいしかイギリスの料理がないのに対して、マカオがそうでなかったのは、食にこだわるラテン系のポルトガル人と、そうともいえないイギリス人の違いなのかな、などとも思ってしまいます。

と、それはともかく、カリークラブは、おそらくインドのゴアから伝わった、アフリカンチキンなどとともにマカオを代表する料理。作り方自体はそれほど難しくないのに、ワタリガニをまるごと使うと、一気にゴージャスになって食卓のみんなのテンションも上がる、作り得な(笑)料理です。

カリークラブの付け合せは、ポルトガル流にトマトライスが一般的。ちなみに、これにたまごやナンプラーなどをを加えると、タイのプーパッポンカリーになります。

カリークラブ(咖喱蟹) Curry Crab レシピ

材料

  • ワタリガニ 4ハイ  まるごとのカニを使って、よく洗って甲羅だけきれいにはがし、脚、胴体は食べやすい大きさにカットしておく
  • たまねぎ 1個 1cmくらいの大きさにカット
  • にんにく 1かけ みじん切り
  • しょうが 親指の先くらい すりおろす
  • カレー粉 大さじ2
  • ココナツミルク 大さじ1
  • 塩 少々
  • 香菜 少々 飾り用
  • サラダ油 適量
  • 人数: 4
  • 難易度: 普通

作り方

1.フライパンにサラダ油をしき、たまねぎ、にんにく、しょうがを入れ、たまねぎがをき通るまで強火で炒める。
2.1にカレー粉、塩、ココナツミルクを入れてよく混ぜる。
3.2にワタリガニを入れて、よく混ぜ炒め、ふたをしてカニに火が通るまで蒸し煮する。
4.バラバラになったカニをお皿の上でもとの形に戻し、カレーソースをかける。
5.4に香菜を飾って、できあがり。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。


サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター