e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » アジア料理レシピ » 東アジア料理レシピ » ボーズ|モンゴル料理

ボーズ|モンゴル料理


モンゴル版蒸しぎょうざ

東アジアの草原の国モンゴルといえば、羊を思い浮かべる方も多いと思います。このボーズ(語源はおそらく中国の包子=バオズ)も、具に羊肉を使った蒸しぎょうざのような料理です。

モンゴルといえば、モンゴル人力士が増えたせいもあって、東京では国技館のある両国あたりにモンゴル料理店が増えました。ボーズももちろん、たいがいのお店で定番メニュー。でも、羊のラム肉さえ手に入れば、ぎょうざの要領でうちでも簡単に作れます。ぜひトライしてみてくださいね。

以下はモンゴルでのボーズの作り方動画です。参考になさってみてください。

モンゴル料理について詳細

ボーズ Buuz レシピ 4人分
【材料】
餃子の皮 1袋 大判
羊肉 300g ひき肉がなければ細かく切るか、フードプロセッサーで挽く。
たまねぎ 1個 みじん切り
にんにく 1かけ みじん切り
塩 少々
こしょう 少々

【作り方】
1.ボウルの中に羊肉、たまねぎ、にんにく、塩、こしょうを入れて手でよく練る。
2.1を大さじ1程度餃子の皮に乗せ、中央にひだを作ってねじりながら包んでいく。
3.2を蒸し器で15分蒸して、できあがり。


【ご注意】上記レシピとyoutubeの参照動画に登場するレシピは、材料や手順が違うことがあります。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。
プロフィール詳細

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

サイトに掲載しているレシピはストックの一部です。膨大なレシピがありますのでお問合せください。

詳細→利用規約「レシピについて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム


アーカイブ

e-food.jpリンク集