e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » 南北アメリカ料理レシピ » カリブ料理レシピ » モフォンゴ|プエルトリコ料理

モフォンゴ|プエルトリコ料理


プエルトリコ料理

青バナナを使った添え物料理

カリブ海に浮かぶアメリカのコモンウェルス(準州)・自治連邦区であるプエルトリコ。19世紀末までスペインの植民地だったため、今もスペイン語がメインで話されています。

プエルトリコといえば、50年代のミュージカル「ウエストサイド・ストーリー」にも描かれていたように、ニューヨークに一大コミュニティがあり、多くのプエルトリカン移民が暮らしています。その人口は、プエルトリコの首都サンファンよりも多いとか。古くはサルサ、最近ではレゲトンなど、音楽をはじめとする独自のヒスパニック文化をニューヨークにもたらしました。

さて、プエルトリコの料理は、近隣の同じく旧スペイン領ドミニカ共和国などと共通したものも多々あります。このモフォンゴも、青バナナやチチャロン(豚の皮。このレシピでは代用としてベーコンを使用)といった、ラテンアメリカでポピュラーな食材を使用しています。

モフォンゴは単独で食べよりも、オニオンリングや豚肉のフライ、スープなどの添え物として食べることが多いようです。

以下は、Youtubeに投稿された、プエルトリカンのシェフが作るモフォンゴの作り方(英語です)。マンゴーソースをかけたり等、ここに掲載したベーシックなレシピはちょっと違いますが、参考になさってくださいね。他にもエビを載せたり、いろいろなバリエーションのモフォンゴがあるようです。

モフォンゴ Mofongo レシピ
【材料】
青バナナ 大1本(小3本) ※青バナナが手に入らない場合はじゃがいもまたはさつまいもで代用。青バナナは東京では御徒町・アメ横センターの地下などで買えます。
ベーコン 200g
にんにく 1かけ すりおろす
オリーブ油 適量
塩 少々
たまねぎ 1個 輪切りにして小麦粉&水&たまごのたねにぐくらせて揚げ、フライドオニオンを作る。豚肉のフライなどでもよい。

【作り方】
1.青バナナを輪切りにして、両面を軽くオリーブ油で炒めて、つぶす。
2.フライパンにベーコンを入れて油を出し、にんにくを加えて一緒に炒める。
3.ボウルの中に1のつぶした青バナナ、2のベーコン&にんにくを入れて、塩を加えてよく混ぜる。
4.フライドオニオンに添えて、できあがり。


【ご注意】上記レシピとyoutubeの参照動画に登場するレシピは、材料や手順が違うことがあります。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。
プロフィール詳細

著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)
「日本の洋食 ~洋食から紐解く日本の歴史と文化」(ミネルヴァ書房 2018)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。

サイトに掲載しているレシピはストックの一部です。膨大なレシピがありますのでお問合せください。

詳細→利用規約「レシピについて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム


アーカイブ

e-food.jpリンク集