e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » 南北アメリカ料理レシピ » 南米料理レシピ » エンパナーダ|アルゼンチン料理

エンパナーダ|アルゼンチン料理


スペイン経由中東由来のペイストリー

世界有数の牛肉消費国で、人口の3倍近い牛が放牧されているというアルゼンチン。牛肉のバーベキューであるサードなどシンプルな料理のほか、ヨーロッパや中東からの移民が持ち込んだ料理もポピュラーです。

アルゼンチンだけでなく南米各地で食べられているエンパナーダは、おそらくスペインの征服者だったアラブ人がスペイン経由でもたらした、中東のペイストリーを由来とするスナック。アルゼンチンのコルドバ地方では、オリーブの実やゆでたまご、レーズンなどを入れたエンパナーダが食べられています。

アルゼンチン料理について詳細

エンパナーダ Empanada レシピ

【材料】 (4人分)
餃子の皮 24枚 大判の、皮が厚めのもの 牛肉 250g ひき肉 たまねぎ 1個 中くらいのもの。みじん切り にんじん 半個 みじん切り トマト 1個 中くらいのもの。種を取ってみじん切り 干しぶどう 大さじ1 ゆでたまご 1個 みじん切り バター 大さじ1 オリーブの実 24個 パプリカ粉 小さじ1 とうがらし 小さじ1/4 粉状のもの クミン 小さじ半 粉状のもの 塩 少々


【作り方】

1.フライパンにバターを溶かし、たまねぎをきつね色になるまで中火で炒める。
2.1ににんじん、トマトを加え、さらに牛ひき肉を加えてよく混ぜながら炒める。
3.2を火からおろし、干しぶどうを加えて混ぜ、冷ましておく。
4.3の具を餃子の皮に詰めていく。トップにゆでたまごのみじん切りとオリーブの実を乗せて包んで、口に水をつけて閉じ、フォークの先を押し付けて模様を入れる。
5.予熱した180度のオーブンで15~20分ほど焼いてできあがり。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

雑誌記者、企業のWEBディレクターを経て2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を創設。以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献を目指して活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。


サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」

このエントリーをはてなブックマークに追加
RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム


アーカイブ

e-food.jpリンク集