e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » アフリカ料理レシピ » 西アフリカ料理レシピ » なすシチュー|リベリア料理

なすシチュー|リベリア料理


汎西アフリカ的な料理

1847年、アメリカ合衆国の解放奴隷が建国した西アフリカの国リベリア。アメリカの影響を受けているのは、国旗のデザインや、公用語が英語でプロテスタントのキリスト教徒が多いことからもうかがえます。

ジャズの巨匠デューク・エリントンが1947年に発表した「リベリア組曲(Liberian Suite)」というアルバムがあるのですが、そこでは、リベリアの奴隷から解放された自由を表現されています。

アフリカではエチオピアに次いで古い独立国ながらも、残念なことに近年は内戦での荒廃も伝えられています。

さて、料理の方は、アメリカ南部の料理が行ったり来たりで逆輸入されていたらおもしろいなぁなどと思っていたのですが、全般的に汎西アフリカ的で、リベリアらしい特徴的な料理はほとんどない様子。ただし、Dumboy(=フーフー)やFestivalといった、アメリカ風な英語の料理名がおもしろいです。なすのシチュー(Eggplant Stew)もそんな料理のひとつといえましょう。

リベリア料理について詳細

なすシチュー Eggplant Stew レシピ

材料

  • 牛肉 250g シチュー用角切り
  • なす 450g 皮をむいて角切り
  • たまねぎ 半個 みじん切り
  • トマト 1個 みじん切り
  • トマトピューレ 大さじ1
  • とうがらし 2本
  • 乾燥魚 半分
  • 固形コンソメ 1個
  • 塩 少々
  • 黒こしょう 少々
  • ピーナッツ油 適量
  • 水 適量
  • 人数: 4
  • 難易度: 普通

作り方

1.フライパンにピーナッツ油を入れ、なすを炒める。
2.1に牛肉を加え、色づくまで炒める。
3.2にたまねぎ、トマト、トマトピューレ、とうがらし、固形コンソメ、塩、黒こしょう、ひたひたの水を入れて20分ほど中火で煮込む。
4.乾燥魚をフレーク状にして、3に加え、さらに30分弱火で煮込んでできあがり。

profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、「世界の料理レシピ・ミュージアム・ライブラリー」館長。

2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、講師、レシピ開発、在日大使館や大使公邸でのシェフなどとして、食で日本と世界を相互につなぐ社会貢献をモットーに活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)


※レシピ・写真はすべてe-food.jpのオリジナル・コンテンツであり、著作権はe-food.jpが所有します。無断転載・転用は絶対にしないでください。レシピは個人のご家庭で楽しんでいただくために公開しているものです。レシピ、写真の商用利用は有料で販売しております。レストラン、料理教室など金銭の発生する業態はすべて商用利用とみなします。


サイト掲載のレシピは、e-food.jpの世界の料理レシピ・ストックのごく一部のサンプルです。

詳細→利用規約「レシピについて」


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター インスタグラム