e-food.jp » 世界の料理レシピ集 » アフリカ料理レシピ » 西アフリカ料理レシピ » ギニア風魚フライ|ギニアビサウ料理

ギニア風魚フライ|ギニアビサウ料理


レモンの酸味がきいた魚フライ

15世紀半ばから1974年に独立するまで500年近くポルトガルの植民地であり、かつては南北アメリカ大陸への奴隷貿易の中継地だったギニアビサウ。今もポルトガルの影響を残す国です。

このギニア・スタイルの魚フライも、ヨーロッパ風な調理の一品。レモンの酸味が特徴的です。

ギニアビサウ料理について詳細

ギニア風魚フライ レシピ

材料

  • 白身魚 4枚 切り身
  • レモン 1個 ジュースを絞っておく。白身魚、たまねぎそれぞれ大さじ3ずつ使う
  • バター 大さじ2
  • たまねぎ 1個 薄切り
  • 塩 少々
  • 葉野菜 適量 レタスなど。添え物
  • 人数: 4
  • 難易度: 普通

作り方

1.白身魚の両面に塩をふり、レモンジュースをかけて20分ほど置いておく。
2.フライパンにバターをしき、魚の両面を焼く。
3.別の鍋にバターをしき、たまねぎを薄く色づくまで炒め、レモンジュースをかける。
4.白身魚をお皿に盛り、3のたまねぎのソテーをかける。お好みで葉野菜を添えて、できあがり。

author


このページのレシピ・料理写真の著作権はe-food.jpが所有しています(e-food.jpのオリジナル・レシピです)。無断転載・転用は禁止します。レシピは、一般の方が家庭で楽しんでいただくために公開しています。レストランのメニューに流用、料理教室に使用するなど、営利目的による無断使用は固く禁じます。


このエントリーをはてなブックマークに追加
Translate

カスタム検索


アーカイブ

e-food.jpリンク集

  • RSS フェイスブック ツイッター