ホーム » 青木ゆり子のメディア掲載・活動実績 » セルビア大使館でシェフとテーブルコーディネート


著書メディア記事寄稿・監修テレビ・ラジオ・講演会出演レシピ開発・コンサルタント他シェフとしての活動インタビュー・紹介記事イベント参加・活動報告

セルビア大使館でシェフとテーブルコーディネート

大使館でのパーティーのテーブルをトータル演出

3月20日にセルビア共和国大使館で開催された日本セルビア協会さんの総会・懇親会で、今年もシェフとしてセルビアの郷土料理を作らせていただきました。

メニューは、ひき肉のグリルのチェバプチチと、パプリカのペーストのアイバル、フォカッチャ風のセルビアのパン(ソムン)、豆とソーセージのキャセロール煮込みのプレブラナツ、フェタタイプのチーズをたっぷりトッピングしたショプスカサラダ、デザートのセルビア産ラズベリーを使ったケーキと、100%くるみで作ったノングルテンのクッキーのオラシュニッツァなどです。

セルビアらしさと、桜の花が咲き始めた時期をモチーフにした、ふんわりと優しく春らしいテーブルコーディネート、フラワーアレンジメントも自前で。パーティーのテーブルでのおもてなしは、料理だけでなくトータルの演出が大切だと実感します。

後日、日本セルビア協会さんの方に「料理がおいしかった」とわざわざ電話をくださったご参列者もおられたらしく、ホッとしております。これからも料理でセルビアを広く知っていただくお手伝いができれば幸いです。


↑セルビアのネナド・グリシッチ大使閣下、アシスタントをしてくださったババホジャエヴァ・オルズグルさんと。



このエントリーをはてなブックマークに追加

←BACK NEXT→
RSS フェイスブック ツイッター グーグルプラス インスタグラム