ザンビア国旗 ザンビアの料理

ザンビア共和国 Republic of Zambia | アフリカ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


ザンビア料理
ザンビア風豆煮込み(ザンビア大使館提供による料理)

とうもろこしの固粥"シマ"が国民食

アフリカ大陸の南部にある内陸国ザンビアは、イグアスの滝、ナイアガラの滝とともに世界三大瀑布のひとつヴィクトリアの滝をジンバブエとの国境に擁し、サバンナの大自然と野生動物の宝庫として知られた旧イギリス領の国です。
アフリカ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
ザンビア
ザンビア

ザンビア地図ザンビアの主食はシマ(Nshima)という、とうもろこしの粉から作られるおだんご状の固粥。朝食にはこのシマを水や乳で薄め、砂糖を少し入れて食べ、また昼食や夕食には、魚や肉、ピーナッツ、豆、オクラなどのスープと一緒にシマを食べます。ポピュラーな料理は、シマ・ナ・ククというシマを添えたチキン料理や、豆の煮込みや、インド人が伝えたトンカベジ・チキンカレーです。

シマのほかに、キャッサバ、雑穀、お米、ジャガイモ、パスタといった食材も。料理には部族や地方ごとに特色があり、たとえば湖や川沿いの地域ではカペンタ(Kapenta)という小さいいわしのような魚や、ナマズ、タイ類の魚などをよく食べ、それらはしばしば乾燥させて料理に用います。

また、東部のトゥンブカ族は、荒野に生息するネズミや、象を好んで食べ、北部の農村に暮らすベンバ族は、豆や野菜料理をよく食べるほか、イモムシやバッタ、はちみつを集めてこれらも食用としています。

飲み物は、フルーツジュースやビール。モシ・ラガー、ライノ・ラガー、チブクといった西洋スタイルのビールブランドがあるほか、各家庭で自家製ビールが造られることもあります。またUmunkoyoという、植物の根から作られるノンアルコール飲料もポピュラーです。


■参考文献


profile 著者:青木ゆり子 Author: Yurico Aoki

e-food.jp代表、各国・郷土料理研究家、世界の料理レシピ・ミュージアム館長。
2000年にサイト「世界の料理 総合情報サイトe-food.jp」を立ち上げ、以後、執筆、料理講師、レシピ開発のほか、在日大使館や大使公邸などでのシェフとしても活動。
プロフィール詳細
著作:「しらべよう!世界の料理」全7巻(ポプラ社 2017)

※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習をする際、お役に立てるように公開しているものです。無許可での転用・転載は絶対しないでください。記事の原稿、写真は販売しております。→詳細「利用規約」

※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→ メールフォーム




profile
カスタム検索
ザンビア
面積 752.61千km2
人口 約1,050万人
首都 ルサカ Lusaka
住民 73部族(トンガ系、ニャンジァ系、ベンバ系、ルンダ系)
言語 英語(公用語)、ベンバ語、ニャンジァ語、トンガ語
宗教 8割近くはキリスト教、その他 イスラム教、ヒンドゥー教、伝統宗教
建国 1964年10月24日 (イギリスより独立)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加