バチカン国旗 バチカンの料理

バチカン市国(ヴァチカン市国) State of the City of Vatican | ヨーロッパ  →この国の料理のレシピ・リンク集世界料理マップについて


食事のタブーがほどんとない、カトリックの総本山


イタリアのローマ市内にある、世界最小の国家バチカン市国。ローマ教皇(現在は2013年に選ばれたアルゼンチン出身のフランチェスコ1世)が暮らすカトリック教の総本山であり、皇居の約3分の1の土地に住む1000人弱の”国民”のほとんどは、枢機卿や司祭、修道女などの聖職者です。バチカンは国土こそ極小なものの、イタリアをはじめ、南米やヨーロッパにおよそ10億人という潜在的な国民=カトリック信者を擁し、歴史的にも政治的にも大きな影響力を持つ国家といえます。
ヨーロッパ
↓クリックすると詳細な
グーグルマップが見られます。
バチカン
バチカン

バチカン地図さて、ではバチカンに暮らす枢機卿や司祭、修道女の方々はどんな食事を召し上がっているのでしょう。

世界には、食事について戒律を持つ宗教が少なくありません。たとえば、豚肉を食べず、決まった月に断食(ラマダン)を行うイスラム教や、お祈りをささげたコッシャーの食事しか食べないユダヤ教、また、牛肉を食べないヒンドゥー教などなど。

カトリック教にもかつては食物の戒律がありました。ところが1962年から65年にかけて行われた第2回バチカン公会議で、カトリック教はその姿勢を大きく転換させ、現在では食事に関するタブーがほとんどなくなりました(さすが、美食の国イタリアに根づいた宗教だけのことはある!)。

つまり、世界の各地に住む神父様や修道女の方々は、その土地の料理とお酒を飲食し、バチカンなら、さしずめイタリア料理やワインを食していると考えられます。バチカン美術館の地下には、旅行者がバチカン国内で食事できる数少ない食堂があり、焼きたてのピッツァが食べられます。ローマ教皇庁の御用達の焼き窯は、ローマにあるバンコッティ社製のものです。

もちろん、キリストの血肉といわれるパンとワインは、今も昔もカトリックの聖体拝領=ミサに欠かせない食物。ミサにはたねなしパンを使用し、ワインはミサ用ワインを用います。1888年のバチカン博覧会で金賞を受賞した"ヴィノ・デ・ミサ"(Vino de Misa)というワインは、歴代のローマ教皇が使用してきたもので、「ローマ法王庁の紋章である三王冠と天国の鍵を、ラベルに使用することを許された唯一のワイン」。グルナッシュとカリニャン品種のぶどうを使った甘い味わいで、現在60ヶ国の教会や修道院で用いられており、もちろんカトリック教徒でなくても購入可能です。

ただ、ミサには普通の市販のワインを使うこともあります。トスカーナ州キャンティ地方のロピアーノ修道院で作られている完全有機栽培のワイン"キャンティ・ロピアーノ"なども、バチカン御用達のワイン。ちなみに、ベネディクト16世の好みはドイツ・ワインだそうです。

ところで、カトリックの数少ない食事の決まりごととして、年間2回だけ断食があります。それは、灰の水曜日(マルディグラ=英語でFat Tuesday~肥沃な火曜日の翌日。マルディグラの日は謝肉祭~カーニバルで、大いに肉食する) と、イースター前の金曜日(キリストが亡くなった日)。そのほか、クリスマスには肉の代わりに川魚の鯉を食べるチェコやポーランドなど、昔の戒律が土地の風習として残っている地域もあります。


■参考文献
国マニア 吉田一郎著(交通新聞社)


※この記事・写真等はe-food.jpが著作権を所有し、利用者の方が世界の料理に関する学習を行う際にお役に立てるよう公開しているものです。
 無許可での転用・転載はご遠慮ください。特に無断での情報の商業利用は固くお断りします。


※本文是e-food.jp的,拥有版权。未经允许,请勿让引水重印。

※上記の文章は適宜、更新を重ねていますが、誤りや、載せた方がいいと思われる事項などあればお知らせいただけると幸いです。→メールフォーム



author

※上記のリンク情報は、個人の方々に世界の料理の魅力を広く知っていただくことを目的に制作したリストです。無断転用・転載はご遠慮ください。
  特に無断での商業利用は固くお断りします。

カスタム検索
バチカン
面積 0.44km2
人口 約921人
首都 なし
住民 カトリック教会の聖職者(主に男性)
言語 ラテン語(公用語)
宗教 キリスト教(カトリック)
建国
1929年2月11日(ラテラノ条約締結)




■この国の料理&文化がわかる本

このエントリーをはてなブックマークに追加